RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【究極の無駄働き】存在しないコロナのために霞ヶ関担当職員が378時間の残業 全国的にも「過労死ライン」超える残業が急増

コロナが始まって以来、各地のコロナ対策を担当する職員が「過労死ライン(月100時間以上の残業)」を遥かに超える残業を強いられていることが明らかになり、問題となっています。

特に内閣官房「コロナ感染症対策推進室」に勤務する職員たちは、ほとんど休みなく働いており、職員のうち一人は、今年1月の1カ月間だけで、約378時間もの残業をしていたことが明らかになりました。

また、全国的にも「過労死ライン」を超えて残業した職員が、延べ2999人に上ることが明らかになっています。

○国家公務員の残業、「過労死ライン」超え3千人…コロナ対策室職員は月364時間

○大阪市保健所のコロナ対策職員 3割が過労死ライン残業

○岡山市職員 残業最長月182時間 コロナ対応 過労死ライン超23人

○保健所職員、終電帰宅もかなわず コロナ対応の最前線で過酷な業務 「いつ倒れても…」

○【新型コロナ】神奈川県職員、77人が残業100時間超 昨年12月からの2カ月、感染急拡大に対応 

コロナは嘘で、ウイルス自体も存在しないことが明らかになり、世界的にもコロナ茶番を終わらせようとする動きが活発化している中、未だ存在しないコロナのために、多くの人々が必要もない残業を強いられていると考えると、余りに異常だと言うしかありません。

○イギリス政府で働く科学者が「コロナ騒動は茶番だった」と認める!! ロスチャイルド本家の勢力挽回か?

○アメリカで反コロナの動き強まる 22州でマスク着用義務解除、12州でワクチンパスポート禁止

しかし、こうしてコロナのために過剰に働かされている人もいれば、その一方でコロナ禍のせいで職を失い、住む場所や食べるものすらないという人たちも続出しています。

○コロナ関連の企業倒産1000件、自殺者やホームレス急増の中、政府が緊急事態宣言“延長”を検討

このように“コロナがある”という前提で生きている人たちは、未だに矛盾だらけの世の中で混乱させられ、苦しんで生きています。

イルミナティどもが、この世の中をこのような地獄の世界へと作り替えてしまいました。

私たちはより多くの人々にコロナが存在しないという事実を述べ伝えて、彼らの洗脳を解き、これ以上、無駄な苦しみに喘ぐ人々が出てこないようにしなければなりません。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

コメントを書く

*
*
* (公開されません)