RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

被扶養者が得たワクチン接種業務による収入は、年間収入に含めなくてもよいことが判明 金で釣って大量殺戮に加担させる日本政府

医療職資格を持った被扶養者が、コロナワクチンの接種業務に従事して得た収入については、年間収入に含めなくてよいことが明らかになりました。

被扶養者、つまり、結婚している女性の中には、住民税や所得税の支払いなどを回避したり、配偶者特別控除などを受けるために、あえて収入を一定額までに抑えて働いている人たちが大勢います。

○2021年版/扶養控除・扶養内について簡単にわかる!年収130万の壁って何?

しかし、扶養に入っている場合でも、コロナワクチン接種業務よって得た収入は、日頃働いて得た収入として算定しなくてよいため、いくらワクチン接種業務で儲けたとしても、課税対象にならず、控除が受けられなくなる心配もないようです。

以下は、収入確認の特例について書かれた資料です。

このように政府は、結婚などで医療の現場から離れていた医師や看護師たちをお金で釣ってかき集め、ワクチン接種業務に就かせて、一刻も早く国民を皆殺しにしようとしているわけです。

○【イルミナティによる人口削減計画】日本政府に課せられたコロナワクチン接種のノルマは6000万人 元東大阪市議会議員が暴露

実際、ワクチン接種に従事する医師の中には、たった2ヶ月で3000万円も稼いだという人もいるようで、これでは金に目が眩んでワクチン接種業務に就きたがる医療従事者が後を絶たないのも無理はありません。

このように医療従事者のほとんどが、私たち国民のためを思ってワクチン接種を勧めているわけではなく、単に自分の儲けのために勧めているにすぎませんので、この実態をしっかりと把握し、彼らの勧めに従ってワクチン接種に応じることがないように十分に注意しなければなりません。

○【報道関係者による内部告発】日本医師会はPCR検査が不正確であることを最初から知っている

○コロナは噓だと知っている日本医師会が、国民に自粛を強要する一方、10月に神戸でゴルフコンペやパーティを開催

○【やはりコロナは嘘だと知っている】外出自粛を強要した日本医師会・中川会長がお忍びデート 

○【やはり医師会はコロナが嘘だと知っている】横浜市医師会の水野会長、緊急事態宣言下で何度も宴会を開く

○【医師は皆コロナが嘘だと知っている】コロナ禍の中、日本医師会会長が政治資金パーティーを発起

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment