RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【政治家たちは皆、コロナは嘘だと知っている】庶民には帰省を自粛、議員は選挙のため地元入りという矛盾

コロナ禍で2度目のお盆休みを迎え、政府は庶民に対し、帰省を自粛するよう呼びかけています。

そんな中、杉田水脈をはじめとした国会議員たちは、今秋に行われれる衆院選のため次々と地元入りしており、国民からの批判が殺到しています。

しかも杉田水脈に至っては、地元入りした後、普通に観光をして楽しんでいます。

ツイッターで地元入りを報告した議員の投稿に対し、「帰省を躊躇していた自分がバカみたい」「国民には自粛を迫る中このツイートはなんなんですか」などと怒りのコメントが多数寄せられ、炎上しています。

議員たちは皆、コロナが嘘であることを知っているため、何ら抵抗なく日本各地を移動することができるわけです。

こうして彼らは、コロナ茶番よりも今秋に控えた選挙の準備に必死になり、庶民の気を逆撫でするような地元入りツイートをし、かえって日本中から批判を浴びる結果となりました。

庶民を苦しめ人口削減するために実施されたはずのコロナ茶番が、今ではかえって議員をはじめとした上級国民を苦しめる事態となっており、まさに因果応報と言わざるを得ません。

国会議員たちもお盆休みを満喫しているようですから、私たちも彼らを見習い、地元に帰省したり観光したりしてお盆休みを存分に満喫すればよいかと思います。

○「不要不急の外出」を促す菅首相、「読み飛ばし」に「言い間違え」呂律も回らず政治家として終了

○IOCバッハ会長が銀座を散策し批判殺到 丸川五輪相「不要不急かは本人が判断すべき」と自粛終了を通達

○【オバマもコロナは噓だと知っている】オバマ元米大統領がノーマスクで誕生パーティを開催し、批判殺到

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment