RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【李家の悲願】「コロナ禍は改憲の好機」李家の加藤勝信官房長官が本音を漏らし批判殺到

加藤勝信官房長官は11日の記者会見で、自民党が憲法改正案に盛り込んだ緊急事態条項の創設について、コロナウイルス感染拡大を踏まえ「未曽有の事態を全国民が経験し、緊急事態の備えに関心が高まっている。議論を提起し、進めるには絶好の契機だ」と発言し、物議を醸しています。

国難と言える状況を「絶好」と形容した真意を問われると、加藤勝信は「この状況が良い状況だとは全く思っていない。申し上げたいのは、緊急事態というものに大変高い関心を持っているということだ」と釈明したものの、ネット上では批判の声が殺到しています。

「憲法改正」は、「李家」の復権が可能となる唯一の手段であると過去の記事で述べましたが、「絶好の契機」だと発言した「加藤勝信」もまた、やはり彼も李家の血筋である可能性が高いです。

○【李家の悲願】 「国民投票法改正案」が衆議院本会議で可決

○李家どうしの近親婚か? 星野源と新垣結衣が結婚を発表

先ず「加藤勝信」は、「星野源」に似ています。

そして、「星野源」は韓国元大統領の「朴正熙」にそっくりで、「朴正熙」の娘である「朴槿恵」は「安倍昭恵」にそっくりです。

したがって、「星野源」と「安倍昭恵」は親戚ということになります。

そして、安倍昭恵の夫である安倍晋三は「李家」でした。

ですから、巡り巡って「加藤勝信」も李家ということになります。

そしてここ最近、「安倍晋三」が政界に復帰する動きがかなり強まってきており、李家たちがいかに憲法改正へ向けて、最後の望みをかけているかがよく分かります。

○安倍前首相、政治の表舞台復帰に秘めた「野望」

だからこそ、「加藤勝信」も力んでつい本音が出てしまったわけでしょう。

しかし、もう既にコロナは嘘だということが庶民の中で広く認知され、ワクチンもほとんどの人たちが拒否していますから、危機的とは言い難い状況です。

○【影武者】死んでもなお 憲法改正を訴える安倍晋三

○憲法改正は李家の悲願 安倍晋三、再々登板か

○昭恵夫人が再び表舞台へ 安倍晋三“再再登板”に向けての動きが活発化

そのような中で、国民がそう簡単に改憲を許すとは思えません。

かつて、アメリカの経済学者「ミルトン・フリードマン」は、「真の変革は、危機状況によってのみ可能となる(=ショックドクトリン)」と述べましたが、コロナもまさに、イルミナティが望む世界に作り替えるために仕掛けられた「ショックドクトリン」に過ぎません。

これ以上どさくさに紛れて、この日本の仕組みが改悪されることのないよう、李家の滅びを強力にお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment