RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

マンハッタンに小室圭の影武者が現れる!! 結婚延期や金銭問題は、母・佳代が関与していた創価・保険金殺人の実態から国民の目を逸らすためのスピンだった可能性大

秋篠宮家の長女眞子さまとの結婚に向けて準備を進めている小室圭ですが、マンハッタンでスクープされた彼の姿が全くの別人で、「明らかに影武者だ」と話題になっています。

今回の小室圭を合わせて、これまでに3人の小室圭が確認されています。

また、小室圭は池田大作と血縁関係にある可能性が高いことも既に判明しています。

○眞子さまの婚約者・小室圭は池田大作と血縁

さらに小室圭は、かの小室哲哉と雰囲気が似ているとの情報もあり、苗字も同じであることから、本当に親戚関係にあるとも考えられます。

○続・秋篠宮家の影武者⑦|2人の小室圭、4人の眞子様

一方、結婚相手の眞子さまにも何人もの影武者がいることが判明しています。

このようにどこまでも怪しげな雰囲気の漂う二人ですが、結婚が延期した本当の理由は、小室圭の母・佳代が、創価学会の組織的な保険金殺人に関わっていたことがバレたためだと言われています。

実は、小室佳代の周囲では、元夫が焼身自殺したり、義父や義母が自殺したりと不審な死が相次いでおり、保険金目当てで殺害されたのではないかと指摘されています。

○小室圭の母親周囲で不審死5人多すぎ!父親の死因や自殺理由は?

https://twitter.com/RobinTokyo909/status/1104803750428831744?s=20

創価学会には、保険金殺人で暴利を貪るネットワークが存在し、創価信者、あるいはその家族がターゲットになり、警察などもグルになって犯行を繰り返してきたことが明らかになっています。

しかも、小室佳代と暴力団関係者との繋がりも既に判明しており、実弟は山口組系暴力団の角田組の組長ではないかとも噂されています。

以上のことから、小室佳代は単に創価学会と繋がっているというだけでなく、保険金殺人ネットワークにも大きく関与している可能性があります。

このようなウラが暴かれはじめたため、創価学会がマスコミを使って的外れな金銭問題ばかりを大袈裟に報道し、庶民を目くらまししてきたわけでしょう。

しかし、一度表に出てしまった情報をなかったことにはできませんので、彼らの結婚により、再び蒸し返されて「皇室は犯罪者の息子を受け入れた」と、さらなるバッシングを受けることは必至でしょう。

このような犯罪者集団が国の象徴として立てられ、国民の税金で贅沢暮らしするなど決して許されることではありません。

皇室も創価学会もいっそのこと共倒れし、天皇制も廃止されて、跡形もなく滅び去ることを心から祈ります。

○天皇こそがこの日本の最高権力者であり、それを裏から支えてきたのが創価学会です。

皇太子妃「雅子」様は創価学会員。その祖父は水俣病を広めたチッソ株式会社社長「江頭豊」。この事実をタブーとする日本とは?

ベネッセ・ユニセフ・外務省・皇室・創価学会との奇妙なつながり。この日本はごく一握りの人間によって支配されている。

創価学会「広宣部」は個人情報盗難のプロフェッショナル。盗聴・盗撮・尾行・情報収集・攻撃の請負人たち。

尾崎豊も伊丹十三も、創価学会と関係のある暴力団に殺された。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment