RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【李家=ユダヤ人の悪あがき】五輪ショーディレクター小林賢太郎の解任は、「ユダヤ人を差別したらこのような目に遭う」と見せしめるための茶番劇

東京五輪の開閉会式の「ショーディレクター」に就任していた元お笑いタレントの小林賢太郎が、過去にホロコースト(ナチスによるユダヤ人大量虐殺)を揶揄するコントを制作していたとして解任されました。

この件について、菅首相は「言語道断」とコメントし、各界の著名人からも厳しい批判の声が上がっています。

小林賢太郎は、「人を楽しませる仕事の自分が、人に不快な思いをさせることは、あってはならないことです。当時の自分の愚かな言葉選びが間違いだったということを理解し、反省しています」と謝罪しています。

今回、問題となったのが、こちらのコントです。

確かに、5分くらいのところで「ユダヤ人大量惨殺ごっこをやろうと言ったときのな!」と発言しています。

こうした中、2ちゃんねる創設者の「ひろゆき」が、今回の件についてYouTubeで解説しています。

ひろゆきによると、小林賢太郎はユダヤ人を差別する意図があったわけではないが、世界的には“差別した”と取られてしまい、弁解の余地も与えられないまま解任されたと語っており、少しでもユダヤ人のことに触れるなら、すぐさまユダヤ人の人権団体である「サイモン・ウィーゼンタール・センター」に目をつけられてしまうと語っています。

つまり、「ユダヤ人を少しでも差別したり貶める発言をすれば、このような痛い目に遭う」と庶民に思わせるために、今回の騒ぎが起こされたというわけです。

今やこの日本ではRAPT理論が広まり、ユダヤ人がこの世の中を支配し、庶民を苦しめている元凶であることが広く知れ渡ってきたため、ユダヤ人に関する正しい情報を弾圧するべく、このようなくだらない茶番劇を仕組んだわけでしょう。

○小林氏は解任なのに…「ナチスに学べ」発言も続投の麻生大臣に再批判

そもそも「ラーメンズ」は知名度も低く、ショーディレクターとして抜擢されるほどの実力も実績もないことから、最初からこのような茶番を演じるために小林が選任されたことは間違いありません。

しかも、今回の解任によって、かつて麻生太郎が「ドイツのワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。誰も気が付かなかった。あの手口に学んだらどうかね」と発言したことが蒸し返されているようです。

しかし、今回の解任がただの茶番である以上、麻生太郎のことをユダヤ人があれこれ批判することはないでしょう。

そもそも、麻生太郎自身もユダヤ人ですので、ユダヤ人がユダヤ人を差別する発言をしたとしても差別とは言えません。

この日本を腐らせ庶民を苦しめてきた元凶が、李家をはじめとしたユダヤ人であることは紛れもない事実ですので、今後も続けて悪なるユダヤ人の滅びを強力にお祈りしなければなりません。

○ヒトラーによるユダヤ人大量虐殺はなかった。その背後に隠された誰も語らぬ「河豚 (フグ) 計画」とは。

○満州国へのユダヤ人移民計画が失敗し、パレスチナにイスラエルが建国されるまで。または「河豚計画」が声を大にして語られない理由。

ちなみに、ラーメンズは何の知名度もないにもかかわらず、過去に突如、創価企業アップルのCMに抜擢されたことがありましたので、ラーメンズもまた創価人脈であることは間違いありません。

したがって、今回の茶番劇を仕組んだのも、やはり創価学会だったということです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment