RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【嘘つきがまたしても噓をつく】生活保護不正受給の次長課長・河本がコロナに感染したと公表

お笑いコンビ「次長課長」の河本準一が、26日にコロナに感染したことを発表しました。

河本はTwitterを更新し、「コロナ、すぐ隣にいます。」「日本の皆様に1日も早くワクチン届きますように」などとコロナの恐怖を煽り、ワクチンの宣伝とも取れるような投稿をしています。

河本準一は、2012年に実母が生活保護を受給していたことをスクープされ、世間から大バッシングされました。

生活保護制度は、創価学会が集団ストーカーを養うためにあることが既にRAPT理論によって暴かれていますが、河本の母も(養ってもらえる家族がいたにもかかわらず)生活保護を受給できたということは、河本一家もまた創価信者であり、かつ集団ストーカーを行ってきた可能性が高いと言えます。

○生活保護制度は創価信者のためにある

また、当時河本をバッシングから守るために「河本準一を守る市民の会」という組織が立ち上げられましたが、その所在地が、日本基督教団の所在地(西早稲田2-3-1)と全く同じ場所にあることが判明しています。

○キリスト教プロテスタントも悪魔崇拝者に乗っ取られている可能性大です。「日本基督教団」は在日・反日勢力と同一体でした。

日本基督教団は、大本教や群馬人脈によって設立されたカルト教団であり、創価学会と結託して集団ストーカーをしたり、他のキリスト教宗派の破壊工作をしてきたことが明らかになっています。

○「日本基督教団」は大本教と創価学会によって設立された、キリスト教を破壊する工作員養成所!!


○集団ストーカーの実態 やはりストーカーの正体は、“没落”上級国民か?

○集団ストーカーは売れない芸能人も駆り出されている可能性大

今回、河本はコロナ対策をしっかり行っていたにもかかわらず、コロナに感染したと述べており、まるでコロナの感染力が強く、危険であるかのように庶民を洗脳しようとしています。

しかし、家族に生活保護を不正に受給させていた人物が、今さら何を言っても庶民は真に受けませんし、河本がコロナに感染したことで、ますますコロナの胡散臭さに多くの人々が気付きはじめることでしょう。

こうして庶民から信用のない人物まで、コロナ感染者に仕立て上げるということは、よほど創価学会も人材に困っているという証拠かも知れません。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

○シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment