RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

デンマーク アストラゼネカ製ワクチンを永久追放

デンマークの保険当局は「副反応のリスクが実際にあると判断した」として、アストラゼネカ製のワクチンを完全に取りやめ、永久追放したと発表しました。

接種後に血栓ができる症例や、死亡例が報告されており、欧州各国がアストラゼネカワクチンに対する対応を検討していました。

正式に使用停止を決めたのは、デンマークが初めてとのことです。

デンマークは、この先アストラゼネカ社以外のワクチンを使って接種計画を進めるとしています。

しかし、コロナウイルスは存在せず、コロナパンデミックも創価学会のでっち上げた茶番に過ぎません。

ワクチンを打つこと自体が全くの無意味です。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

アストラゼネカであろうとなかろうと、「ワクチン」自体が人間にとって害悪であることは、多発する重大な副反応や死亡事例からも明らかです。

イルミナティは、全人類にワクチンを接種させることで人口削減を企んでいます。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

私たちは、決してこのようなワクチン接種の波に飲まれることなく、ワクチンの危険性についてさらに拡散していかなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)