RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【李家の凋落】ファーウェイ「スマホ事業で4兆円規模の減収」見込みを発表 アメリカによる輸出規制が響く

中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の徐直軍(エリック・シュー)副会長兼輪番会長は24日、北京市内で記者会見を開き、米政府による輸出規制の影響について「2021年にスマートフォン事業は少なくとも300億~400億ドル(約3兆3000億~4兆4000億円)の減収になるだろう」との見通しを明らかにしました。

ファーウェイの2020年の売上高は、1367億ドル(約15兆1384億円)で、このうちスマホ事業が約500億ドル(約5兆5370億円)を占めていたそうです。

徐氏によると、2020年11月に低価格ブランド「オナー」を売却したことなどが響き、21年のスマホ事業は6~8割の減収になる見込みで「当面は生き残ることが課題だ」と述べました。

また、徐氏は「今後10年かかっても(スマホ事業の)売上高の落ち込みを補うのは難しいだろう」と述べ、ファーウェイにとって非常に大きな痛手であることを強調しました。

ファーウェイは、香港の大富豪「李嘉誠」のバックアップにより、世界的な大企業へと成長を遂げることができました。

李嘉誠

つまりファーウェイの繁栄は、李家の繁栄の象徴とも言えるわけですが、今では「生き残ることが課題」と発表するほど凋落してしまったようです。

○ファーウェイ急成長の謎を解く(3)

ファーウェイの衰退を招いたアメリカの輸入規制は、秦氏・ロスチャイルド本家側による李家に対する攻撃である可能性が高いと見られます。

○アメリカが中国ハイテク企業5社の製品を認証せず 親中派のバイデンがなぜか反中姿勢を強化

一方、ヨーロッパにおけるファーウェイの影響力は、依然として強いため、なんとか維持できているようですが、それもいつまで続くかは分かりません。

○パクリ商法を封じても中国は潰れない。今後、ファーウェイほか中国企業が技術覇権を握るワケ

このようにイルミナティは、自分たちの生き残りをかけて激しく争い合っていますが、その消耗ぶりが今回のファーウェイの売り上げ大幅減として現れたのでしょう。

こうして様々な形で李家に対する神様からの裁きが下されていますので、つづけて李家の滅びを強力にお祈りしなければなりません。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 分からないので出来れば返信頂きたい。

    ロスチャイルド・秦氏(天皇派閥)と李家とか分かるんですけどロックフェラー(教皇派閥)どこ行ったんですか。
    もう負けちゃったとか。
    負けて退場しちゃったんですかね、だから最近電気自動車なんですかね。
    ネルソン氏と当主の叔父のデイヴィッド氏も余り仲好くなかったみたいですし、一族一枚岩になれず競争勢力に争い負け各個撃破されちゃった感じでしょうか。
    戦後50年間君臨した一族でしたがロックフェラーの敗北が50年前以前のヒトラーみたいな汚い権力者達が再台頭し庶民を苦しめ始めた原因だと考えてます。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment