RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

アメリカでワクチン接種を拒否する運動が活発化 英大手メディアが特集

英大手メディアのBBCが、アメリカでコロナワクチン接種を拒否する動きが強まっていることを大きく報じました。

https://twitter.com/me_tam_orphose/status/1410935170052476931?s=20

動画の中では、テキサス州メソジスト病院に勤務していた看護師らが、病院のワクチン接種義務に従わなかったため、解雇された件について取り上げられており、ある看護師は「仕事を失ったとしても生涯このワクチンを打つつもりはありません」と主張しています。

○【解雇・退職・降板】世界各地で進むワクチンハラスメント 米テキサスの病院や米金融大手モルガン・スタンレー、スイス四つ星ホテルやドイツTVスタジオなど

この番組の中では、ワクチン接種の重要性も説かれており、接種しない方が良いと一方的に主張しているわけではありませんが、同調圧力に負けることなく、徹底的にワクチンの脅威から命を守ろうとする人たちの姿が克明に映し出されています。

今後、日本でもワクチン接種を強要する動きがさらに強まっていく可能性があり、場合によってはワクチン接種の拒否と引き換えに、仕事を失うケースも出てくるかも知れません。

しかし、一度でもワクチンを接種するなら、場合によっては凄惨な副反応を発症し、かえって仕事まで失ってしまう可能性があります。

先ずは何よりも自分の命を最優先に考え、仕事のためにワクチン接種を受けるような愚かな選択をしてはいけません。

○「コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

○政府が自衛官へのコロナワクチン強制接種を開始 卑劣な人権侵害の実態が明らかに

○ワクチン接種しないと退職、単位を与えない、自主退寮を勧められた・・医療関係者へのワクチン強要、人権侵害の実態が明らかに

○【ワクチン拒否者に対する圧力か】大阪市東成区役所でワクチン辞退者リストを作成

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment