RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ルネサンスはキリスト教の破壊工作だった!

ルネサンスといえば、様々な文化・芸術が開発された華やかなイメージがありますが、その実態は「悪魔崇拝者によるキリスト教の破壊活動」でした。

ルネサンスの意義として「中世封建社会と神中心の世界観の束縛から、人間性の自由・解放を求め、ヒューマニズムと個性を尊重」などと言われていますが、読んで字の如く、神と人間を引き離し、人間個人の力を頼るように仕向けるものでした。

当時のキリスト教は非常に強権的で、誰かがキリストを信じなかったり、敬虔でなかったりすると、非常に厳しく弾圧していました。

しかし、キリスト教をそのような宗教に変質させたのも、実はすべて教会の中に侵入した悪魔崇拝者によるものです。

彼らはキリスト教の教理の中に悪魔教的な思想を混ぜ込み、人々が神とキリストを信じず、むしろ憎み嫌うように仕向けていったのです。

「神を信じるのではなく、あくまで人間自身の力を信じよ」という一見耳障りのいい話をして、人々から敬虔な信仰心を奪い取り、悪魔の支配下に陥れることがルネサンスの目的でした。
 
このようにして、彼らはキリスト教は悪なる宗教であるというイメージを人々の頭に植え付け、人々をキリスト教の世界から完全に追い出すことに成功したのです。
 

コメントを書く

*
*
* (公開されません)