RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【異種混合接種】アストラゼネカとファイザーのワクチンを接種した韓国人女性の腕の血管が破裂、筋肉痛や悪寒、目眩などの症状で仕事にも復帰できず

, …

韓国メディア「ニューシス」は2日、京畿道富川市(キョンギド・プチョンシ)に住む30代の韓国人女性が、1回目にアストラゼネカ、2回目にファイザーのコロナワクチン接種を受けたところ、副作用により腕の血管が破裂したと報じました。

女性は、6月1日にアストラゼネカのワクチン接種を受け、7月27日にファイザーのワクチン接種を受けたそうですが、2回目の接種をした数時間後に腕の血管が破裂し、筋肉痛や悪寒、目まいなどの症状を発症したため、病院応急室で治療を受けているとのことです。

この女性の家族は、「1回目の接種後の際にもじんましんや悪寒の症状があったが、それでも関係ないとして(病院側が)ワクチンを打つように言った」と主張しています。

また、「2回目の接種後に痛みが激しく、体調がすぐれないため、会社に通えずにいる」とし「政府はワクチン副反応(副作用)に対する対策がない」と訴えています。

この報告を受け、富川保健所関係者は「該当の書類を疾病管理庁に送り、審査委員会で審議後、被害女性とワクチンとの因果関係について調査している」と述べました。

現在、日本でも1回目と2回目にそれぞれ違うメーカーのコロナワクチン接種(異種混合接種)を可能とする動きが見られますが、同じメーカーのワクチン接種を2回受けるよりもさらに深刻な副作用を発症する可能性があります。

○河野担当相、ワクチン「異種混合接種」実施も 証明書、民間活用に指針

○ファイザーとアストラゼネカのワクチンの組み合わせで強力な免疫反応が得られるとの新たなデマが登場

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

政府が「異種混合接種」の実現に向け動いているということは、それだけ人口削減をより有効に行えるからではないでしょうか。

とにかく、どのメーカーのコロナワクチンであっても、一度、接種を受けることで体内の赤血球が破壊されるなど、身体に危険な障害を及ぼしますので、絶対に接種を受けてはいけません。

○【画像・動画あり】医師らの研究により、コロナワクチンが体内の赤血球を破壊する猛毒であることが発覚!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment