RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【虚しいフェイクニュース】天皇に福田萌‥続々とワクチン接種を受けたフリをする群馬人脈=李家たち

宮内庁は6日、徳仁天皇が住まいの赤坂御所で、1回目のコロナワクチン接種を受けたことを明らかにしました。

天皇は東京オリンピックの名誉総裁として、開会式への出席などが調整されており、宮内庁は6日の接種について、「一般の方々への接種が進んできた状況をふまえ、陛下にご相談のうえ、接種を受けられた」と説明しているとのことです。

しかし、天皇がワクチン接種した映像や画像は全く公開されていないため、この報道がフェイクニュースであることは間違いありません。

また、中田敦彦の妻・福田萌も同日、音声メディア「Voicy」を更新し、「実は今日ワクチン1回目の接種をしてきました。来月2回目の予約が入っているので、来月中には完了するかなという感じです」と明かしました。

○福田萌 シンガポールでワクチン接種1回目完了「副反応は感じていません」

また、「ワクチン自体はチクっという感じで、インフルエンザワクチンの方が痛いかなという感覚でした」「その後の副反応とかいろいろ情報はあったが、私自身、筋肉の腫れもないし、発熱もだるさも今のところは感じていません」などと、他の接種を受けた有名人と同じく、ワクチンの安全性をアピールしました。

しかし福田萌も、接種を受けた現場は全く公開していませんので、受けたフリをしていることは明らかです。

今回、たまたま6日に、天皇も福田萌もコロナワクチンを接種したと発表したわけですが、彼らはともに群馬人脈(李家)で、かなり近い親戚関係にあることがRAPT理論によって明らかになっています。

○【創価信者、かつ天皇と竹中平蔵と安倍晋三の親戚】ひろゆきがコロナワクチンを接種し、大した副反応はないと庶民を洗脳

○【嘘つきは中田のはじまり】日本国民から嫌われてシンガポールに逃亡するも、現地人から嫌われて苦情が殺到する中田敦彦・福田萌夫妻

そして今回新たに、徳仁天皇と孫正義(李家)が似ていることが判明しました。

孫正義は、ワクチンを2回接種した人にはホークス戦のチケットを半額で提供すると発表し、やはりワクチン接種による人口削減を促進しています。

○李家の孫正義が、ワクチン2回接種で生き残った庶民にホークス戦チケットを半額で提供

また、以下の人物たちも全員もれなく徳仁天皇そっくりで、李家の一員であることが暴かれています。

高齢者は、天皇がワクチン接種を受けたと聞くと、「天皇もワクチンを打ったのだから安全性の面も心配ないだろう」などと騙されるでしょうし、福田萌は子持ちの主婦ですから、ワクチン接種を懸念している主婦層に対し、少しは影響力があるかも知れません。

今回、李家はそういった層をターゲットにワクチン接種へと誘導しようとしたのでしょう。

これまでは創価芸能人たちが次々と「コロナに感染した」などと頻繁に報道されてきましたが、今後は創価芸能人や群馬人脈が「ワクチンを接種した」というニュースを報じ、庶民を騙していくに違いありません。

彼らは私たち庶民を家畜以下としかみなしておらず、嘘をつくことが当たり前の極悪人ですので、決して騙されることのないように注意しなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)