RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

国内の医師ら450人がワクチン接種中止を求めて厚労省へ嘆願書を提出 河野太郎に対する厳しい批判も

コロナワクチンの安全性への懸念を訴える全国の医師ら計450人が24日、連名で接種中止を求める嘆願書を厚生労働省に提出しました。

嘆願書に同意したのは、国内の医師390人と地方議員60人で、発起人の高橋徳・米ウィスコンシン医科大名誉教授(クリニック徳院長)は、同日午後に国会内で会見を開きました。

会見の場では、高橋徳医師が「死亡率が非常に低く、感染者の80%が軽症にもかかわらず、安全性もまだ分かっていない遺伝子ワクチンを国民全員に接種させる必要があるのか疑問だ」と説明し、出席した他の医師からも「治験が終わっていない」「接種後に少なくとも356人の方が亡くなっている」などの発言が相次ぎました。

また、河野太郎ワクチン担当大臣がメディアで「ワクチンが危険というネットの情報はデマだ」と断言していることを批判し、出席者から拍手が起こる場面もあったようです。

このように日本でも反コロナ・反ワクチンの動きが活発化しており、コロナは危険ではないと講演する専門家も続々と現れています。

また先日、イギリスの医師らがワクチンは様々な深刻な副作用をもたらす“毒”だとして、接種をやめるよう、同国の保健省に訴えたことが報道されました。

こうして多くの専門家が、コロナは危険ではなく、むしろコロナワクチンの方が危険だと訴えているにもかかわらず、河野太郎はそれらの情報を全てデマだと決めつけて「1つ1つ潰す」と宣言しているのですから、専門家たちからひんしゅくを買うのは当然のことです。

○文科省・厚労省、学校での集団接種「推奨せず」河野太郎の発言と異なる方針打ち出す

今回のように医師たちが嘆願書を提出したとしても、河野太郎は相変わらず無視を決め込むに違いありませんが、それによって河野太郎はますます国民から忌み嫌われ、いずれ中田敦彦のように国外に逃亡しなければならない運命になるかも知れません。

○ファイザーやモデルナ製ワクチン接種後、心筋炎を発症する若い男性が想定以上に続出 これでも“陰謀論”と言えるのか?

○ファイザー元副社長イードン博士 ワクチン接種による子供の死亡リスクは50倍だと語る

○「コロナワクチン接種者の寿命は長くて3年」元ファイザー副社長マイケル・イードン氏の命懸けの告発

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment