RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【崩壊するバイデン政権】ミズーリ州など10州がコロナワクチンの接種義務化に抗議し提訴 その他、各州での提訴も続々と

米中西部ミズーリ州は29日、連邦政府が請負業者に従業員のコロナワクチン接種を義務付けたことは、憲法や連邦法に違反するとして、命令の無効化を求める訴訟を同州の連邦地裁に起こしたと発表しました。

提訴したのはミズーリのほか、ネブラスカ、アラスカ、ニューハンプシャーなどの計10州です。

また、これとは別にテキサス州が29日、連邦地裁に同種の訴訟を起こしたほか、フロリダ州のデサンティス知事も提訴の意向を表明するなど、バイデン政権に反旗を翻す動きが広がっています。

ここ最近、アメリカでコロナ茶番を推し進めてきた権力者たちが次々と追い詰められていますが、バイデン大統領に至っては影武者すらも痴呆症でまともに活動できない状況にあります。

○【アメリカ政治はただのショー】影武者のバイデン大統領がホワイトハウスの“セット”で3回目のコロナワクチンを接種 本物のバイデンは脳卒中で既に昏睡状態

しかも、大統領就任から9ヶ月経った現在の支持率は42%にまで下がり、歴代ワースト2位を記録したとのことで、生まれ故郷のペンシルヴェニア州でも罵声を浴びせられる始末です。

また現在、副大統領に就任している「カマラ・ハリス」まで意味不明な発言をして物議を醸しています。

このようにバイデン政権が著しく衰退しているのは、トランプ前大統領の勢力が盛り返してきていることも一つの要因でしょう。

また、ビル・ゲイツが米軍により死刑に処されたことも大きく影響しているものと考えられます。

○ビル・ゲイツ、10月1日に絞首刑が執行され死亡 首の骨が折れず、最後まで苦しみもがいて死ぬ

このように庶民をコロナ茶番によって大量に殺戮してきた悪人たちは、着実に神様から裁かれ、滅亡の一途を辿っています。

イルミナティがこのまま一人残らず滅び去り、彼らの支配から全人類が完全に抜け出せるよう、続けて強力にお祈りしなければなりません。

○【秦氏・ロスチャイルド本家の反撃】トランプ前大統領、独自SNS「トゥルース・ソーシャル」を立ち上げ発表 言論の自由は守られるのか?

○【バイデンもトランプも小児性愛者】バイデンは娘に性的虐待 トランプも娘を溺愛し、エプスタインと親友

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment