RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ビル・クリントン元大統領の影武者が入院し、本人が9月25日にグアンタナモで毒殺された事実を隠蔽

米国のクリントン元大統領の広報担当者は14日、声明を発表し、クリントンが「コロナとは関係のない感染症」によって入院していることを明らかにしました。

米メディアなどによると、尿路感染に起因する敗血症の疑いがあり、抗生物質の投与などを受けているとのことです。

広報担当者のアンヘル・ウレーニャは、「クリントン元大統領は快方に向かっており、元気です。そして素晴らしいケアを施してくれた医師や看護師やスタッフに心から感謝しています」とTwitterに投稿しました。

しかし、入院が報じられたクリントンは影武者に過ぎず、本人は既にグアンタナモ湾の収容所で、9月25日に毒殺されたことが明らかになっています。

○ビル・クリントンの死、殺人と判断される毒物による死

恐らく、「クリントンが死亡した」との噂が国内外に広まりはじめたため、影武者を使って入院したかのように装い、「今でもクリントンは生きている」と人々を洗脳しようと工作を仕掛けたのでしょう。

この日本でも安倍晋三や菅義偉、小池百合子らが死亡した前後に、彼らが病院を受診した、入院したなどと報じられていましたが、ビル・クリントンの死もこれと同じ手口で隠蔽しようとしたわけです。

○【菅首相も死亡した可能性大】辞任表明後に病院で受診 安倍晋三が辞任・死亡したときの状況と酷似

○菅首相と小池都知事がパラ功労章の授与式を揃って欠席 ますます広がる「死亡説」

このように次々と世界の指導者や要人たちが死亡し、影武者にすり替わっていますが、全ては神様が悪人たちを裁き、滅ぼしてくださっている証左に他なりません。

イルミナティが一人残らず滅び去り、人類が彼らの支配から完全に抜け出せるよう、続けて強力にお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment