RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

NHKと厚労省は職域接種を実施していないことが判明 コロナは嘘で、ワクチンが殺人兵器だと知っている

, …

政府は13日、コロナワクチンを2回接種した国民が半数を超えたと発表しました。

そのため、ここ最近はワクチン未接種者に対し、接種を強く勧める動きが強まっていますが、その一方で厚労省とNHKでは職域接種を行っていないことが明らかになりました。

あるネットユーザーが厚労省やNHKに問い合わせたところ、「職域接種は実施していない」との返答があったとのことです。

NHKも厚労省も、コロナ茶番を主導する創価学会や中国共産党と一体化していることから、その職員たち、特に上層部の人たちは最初から「コロナは嘘」だと知っており、自分たちだけ接種を免れ、ワクチンで苦しむ庶民の姿を見て嘲笑っているのではないでしょうか。

○【世界各地で相次ぐコロナ感染者666人】マスコミが報道するコロナ感染者数は、2ヶ月前から既に決まっている!!

○【中国共産党と一体化したNHK】 日本人から受信料をぼったくる一方、中国人向けに無料配信サービスを開始

○創価、中共、韓国と一体化した反日NHK、東京五輪開会式でドローンの描いた「日の丸」放送せず

○47都道府県が“コロナウイルスは存在しない”と回答した公文書一覧

現在、多くの人々がワクチンの危険性に気付き、接種を拒否していますが、厚労省の職員一人残らず接種をして安全性をアピールしていれば、国民も少しは厚労省の言うことを信用したかも知れません。

○厚労省が妊婦もコロナワクチンを接種できると騙し、妊婦と胎児の殺戮を促す

しかし、ワクチンを勧める厚労省も、日本の公共放送局であるNHKでも職域接種をしていないとなると、ワクチンは危険だと自ら主張しているようなものです。

国民に接種を勧めたいのであれば、まずはNHKと厚労省の職員全員が接種を受け、安全性を証明してからにしてもらいたいと思います。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment