RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

キリンビールの布施孝之社長(61)が心室細動で死亡 コロナワクチン接種による副作用が疑われる

, …

キリンビールの布施孝之社長が1日、心室細動のため東京都内の病院で61歳の若さで死去していたことが明らかになりました。

後日、お別れの会を行う予定で、当面の間は、キリンホールディングスの磯崎功典社長が、キリンビール社長を兼務するとのことです。

キリンビールでは職域接種を実施していたことから、布施社長もコロナワクチンを接種し、その副作用で死亡したのではないかとの憶測を呼んでいます。

https://twitter.com/ks032900/status/1433739007691608069?s=21

また、布施社長の死因は心室細動とのことですが、ワクチン接種後に死亡した人の多くが心室細動を発症しています。

コロナワクチンを接種することで心筋炎を引き起こし、その延長で心室細動も起こるケースがあり、眠っているうちにそのまま死亡することも珍しくないようです。

○心筋炎

○ファイザーやモデルナ製ワクチン接種後、心筋炎を発症する若い男性が想定以上に続出 これでも“陰謀論”と言えるのか?

心筋炎は、風邪のような咽頭痛や発熱、下痢、嘔吐などの胃腸炎に類似した症状につづいて、胸の痛みや息苦しさ、意識が遠のくような失神などを起こすそうですが、突然死する場合もあります。

ワクチン接種の副作用で発熱するケースが多く見られますが、その時点で既に心筋炎を起こしている可能性もありますので、いつ急変してもおかしくない状況の中で生活することになるわけです。

このようにコロナワクチンは、どんなに健康な人であっても死に至らしめるほどの猛毒ですので、絶対に接種してはいけません。

○中日ドラゴンズ・木下雄介投手がコロナワクチン接種後に「重篤」危機 人工呼吸器をつける厳しい状況

○中日ドラゴンズ・木下雄介投手、コロナワクチン接種後に死亡 マスコミはこの事実を隠蔽

○中日ドラゴンズ谷元圭介選手が7月に体調不良で交代後、一度も登板なし‥死亡した木下選手と同じくワクチン接種が原因か

○【アメリカ】医療従事者の女性、ファイザー製コロナワクチンを2回接種後、両手両足が壊死して切断

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment