RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ファイザー製コロナワクチンを接種した医療従事者の25歳男性、精神異常を起こし、走行中の車から飛び降り自殺

, …

ファイザー製のコロナワクチンを接種した医療従事者の男性(25歳)が、接種から4日後に精神異常を来たし、自殺していたことが明らかになりました。

男性は4月23日、勤務先の病院で1回目のワクチン接種を受けたところ、25日に立ち眩み、手の震えなどの症状が出たため、一緒にいた友人に実家まで送ってもらい、翌日には37.1度の熱が出たため、仕事を休んだそうです。

その後、27日には出勤したものの、異常な言動が見られ、一時、病院内が騒然とする騒ぎにまで発展したとのことです。

同じ病院に勤務する職員が、病院内で男性の不審な行動を目撃して声をかけ、以下のようなやりとりをしたそうです。

病院職員「何しているんですか?」

男性「薬」

職員「なんのですか?」

男性「カリウム」

職員は、おかしい、質問の答えになっていない、変だと思ったが、「薬はここじゃないです」と返答。


職員は、このやり取りから危険を感じたため、上司に報告しようと部屋から出ると、悲鳴が聞こえたため、再び男性に声をかけたところ、いきなり男性に強く蹴られたと証言しています。

その様子を見ていた他の看護師が「不審者だ!」と大声を上げると、男性は逃げ出し、転倒したところをすぐに取り押さえられましたが、このときの男性の様子は、以下の通りです。

表情なく、ボーッとしており、ブツブツと何か言っていた。

本人とはわからないくらい表情が違っていた。

問いかけに対しても空返事で、小声で「ハイ、ハイ」と理解しているかは判断できない返事ばかりしていた。

時々落ち着きなく動き出す素振りあり。

話しかけるが、全て「ハイ」と返答。視線を合わせようとはしない。ぼんやりして対話はとれない。

「言いたくない、ダメだ、ダメだ。何、やべえ、最悪、最高です。楽しい、違う、、。わからない。」などとブツブツと話している。

この出来事の後、男性は精神科医の診察を受け、「妄想状態」「意識障害」と診断されると同時に、発熱も確認されたそうです。

男性は、職場とは別の病院の精神科に搬送されることになったため、両親とともに車で移動していたところ、高速道路でいきなり車から飛び降り、後続車に轢かれて死亡したとのことです。

男性には、もともと精神疾患はなく、真面目に勤務していたことから、ワクチン接種によって精神異常を起こしたものと見られます。

コロナワクチンを接種することで、赤血球が破壊されるため、脳に酸素がきちんと供給されなくなり、目眩や鬱、記憶障害などを発症することが分かっており、深刻な場合は、自殺企図などの重い精神障害を発症することがあるとも言われています。

○【画像・動画あり】医師らの研究により、コロナワクチンが体内の赤血球を破壊する猛毒であることが発覚!!

○コロナワクチン接種の後遺症相談が増加 精神的にも悪影響を及ぼしていることが判明

このようにコロナワクチンは、肉体だけでなく、精神までも破壊する恐ろしい毒物ですので、どんなに職場などで同調圧力をかけられたとしても、絶対に接種するようなことがあってはいけません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment