RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

スパコン「富岳」も東京五輪に忖度 国立競技場で観客1万人なら、感染リスク「ゼロに近い」

文部科学省は6日、スーパーコンピューター「富岳」を使い、国立競技場に観客1万人を入れた場合のコロナウイルスの感染リスクを解析した結果、間隔を空けて座るなどの感染対策を行えば、リスクは「ゼロに近い」と評価したと発表しました。

「富岳」は、富士通と理化学研究所が共同開発したスーパーコンピューターで、これまで「富岳」によって様々な飛沫のシミュレーションが行われ、コロナ感染の危険性について警告を発してきたわけですが、東京五輪に関しては、なぜか感染リスクがゼロに近いとの結果を出し、政府に忖度していると批判されています。

こうして政府は、東京五輪開催を強行しようとしているわけですが、五輪以外のイベントに対しては依然として厳しい対応を取っており、8月に行われる予定だった音楽フェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021』については、日本医師会の要請によって中止されたと発表されました。

日本医師会は、かねてよりコロナの恐怖を煽り、自粛を強制して、民業を圧迫してきたわけですが、こうした音楽フェスには中止を要請し、東京五輪には中止を要請しないのは、ただの不条理だと言うしかありません。

しかも今回、スーパーコンピューターまでもが政府に忖度する始末で、庶民は怒りを通り越して呆れ返るしかありません。

権力と金に塗れて政府の言いなりになる医師会もスパコンも、庶民にとってはただの害でしかありませんので、いっそのこと医師会も「富岳」も、この世から消滅することを祈るばかりです。

○【医師は皆コロナが嘘だと知っている】コロナ禍の中、日本医師会会長が政治資金パーティーを発起

○【やはりコロナは嘘だと知っている】外出自粛を強要した日本医師会・中川会長がお忍びデート

○【やはり医師会はコロナが嘘だと知っている】横浜市医師会の水野会長、緊急事態宣言下で何度も宴会を開く

○コロナは噓だと知っている日本医師会が、国民に自粛を強要する一方、10月に神戸でゴルフコンペやパーティを開催

コメントを書く

*
*
* (公開されません)