RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

影武者の安倍晋三「菅首相が続投すべき」李家の復権を目論む

安倍晋三前首相は3日夜、BSフジの報道番組で退陣後初となるテレビ出演を果たし、「菅義偉首相が総理の職を続投すべき」との考えを述べました。

菅首相は9月に自民党総裁任期満了を迎えますが、党内で囁かれる菅首相交代論に対し、「昨年、総裁選をやったばかり。その1年後にまた総裁を代えるのか。自民党員なら常識を持って考えるべきだ」と牽制しました。

現在、菅政権の柱となって支えてきた創価学会や維新の会などが日増しに弱体化しており、菅内閣は早くもボロボロの状態です。

菅は、創価学会の幹部だった佐藤浩と親交を持つことで、創価との関係を維持してきましたが、佐藤が失脚したのを機に、菅と創価の関係に亀裂が生じつつあります。

また、菅と後見人の二階俊博との関係も悪化しており、菅率いる連立与党は弱体化、政権発足後初の国政選挙で全敗を喫しました。

○衆参3選挙で与党が全敗 菅政権崩壊は時間の問題か

また、菅自身の体調不良説も囁かれており、続投は困難のように見えます。

そこで安倍晋三は、菅に手を差し伸べてピンチから救い、自ら政権に返り咲こうとしているのかも知れません。

しかし、安倍晋三は既に死亡しているため、現在活動しているのは本人ではなく影武者です。

○【安倍晋三は李家】日本を支配する在日の正体「李家」。憲法改正は李家復権のため!!

そして、安倍の影武者を背後から操っているのは李家に他なりません。

ここのところ、安倍晋三が目覚ましく活動していることが度々報道され、安倍に注目を集めようとするメディアの動きが目立ちます。

李家たちは、前首相という安倍の肩書きを利用して憲法改正を成し遂げ、自らの地位を復活させようと図っているのです。

○憲法改正は李家の悲願 安倍晋三、再々登板か

しかし、安倍晋三がメチャクチャな政治をしてきたため、安倍に対する国民の信用は限りなくゼロと化しています。

今後、李家がどう悪あがきしても、彼らの悲願が達成されることはあり得ないでしょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment