RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【さらなる人口削減へ】厚労省が3回目のコロナワクチン接種に加え、子宮頸がんワクチンを積極的に勧奨する方針を表明

厚生労働省は17日、コロナワクチンの3回目の追加接種について、2回目の接種から8カ月以上経過した後に実施する案を提示しましたが、同時に子宮頸がん(HPV)ワクチンの積極的な勧奨再開について「10月中の早い時期に審議を始めたい」との方針を明らかにしました。

コロナワクチンは、接種回数を増やすほどに死のリスクが増え、仮に死を免れたとしても、重篤な障害を負う可能性が高いことが分かっています。

○ファイザー元副社長のマイケル・イードン博士が警告「3回目のコロナワクチン接種に近づいてはいけない」

また、子宮頸がんワクチン接種についても、コロナワクチンと同じく、創価学会(=公明党)により推進され、重篤な副作用を発症した被害者たちが続出し、今でも多くの女性たちが重い障害を負って生きることを余儀なくされています。

また、コロナワクチンと子宮頸がんワクチンには、不妊症の原因となる「ポリソルベート80」と呼ばれる毒物が含まれていることが分かっており、“断種ワクチン”とも揶揄されています。

○右翼系(秦氏側)弁護士「南出喜久治」らによる反ワクチン訴訟「アストラゼネカワクチンは子宮頸がんワクチンと同じく不妊症をもたらす毒が入っている」

○コロナワクチンを接種した動物は全て死亡 ワクチンの安全性と有効性は証明されていない

○ワクチンに含まれる「水銀」は脳を破壊する最強の毒 イルミナティによる人口削減の実態を専門家が暴露

つまり、創価学会をはじめとしたイルミナティは、ワクチン接種した人を殺戮するという目的以外に、接種者を男女ともに不妊に陥らせ、これ以上人口を増やさないようにしようと目論んでいるわけです。

○ロシア公共放送が、ビル・ゲイツやローマクラブによる人口削減計画について大々的に報道

○トヨタもヘンリ・キッシンジャーも李家かつ群馬人脈 庶民を家畜と見なし人口削減する彼らのおぞましき実態

しかも、ワクチンが原因で不妊になってしまった人々に、高額な不妊治療を受けさせ、さらなるボロ儲けを企んでいることも判明しています。

現在不妊治療の市場は年々拡大しており、2027年時点で、2兆8000億円規模になると予想されています。

○不妊治療市場、2027年に257億964万米ドル到達見込み 

つまり、創価学会は不妊の原因を作り出すと同時に、不妊治療も行う“マッチポンプ方式”で庶民から金をむしり取ろうとしているわけです。

そもそも、コロナウィルスなど存在しませんし、ガンという病気も存在しないことがRAPT理論によって既に解明されていますので、コロナワクチンもHPVワクチンも接種する必要が全くありません。

〇47都道府県が“コロナウイルスは存在しない”と回答した公文書一覧

〇RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

〇RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

このように創価学会は「ない」ものを「ある」と言って国民を騙し、私たちの命と財産を奪い取ろうとしていますので、続けて彼らの滅びを強力にお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment