RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【自爆に次ぐ自爆】メダル噛んだ河村たかしが市の職員に謝罪文を出すも、あまりに誠意のない乱雑な文章に、さらに批判殺到

名古屋市の河村たかし市長が、東京五輪ソフトボール日本代表メンバー・後藤希友選手(トヨタ自動車所属)の金メダルを噛んだ問題で、大量の抗議対応に追われた市職員に向け、謝罪文を出していたことが分かりました。

○【自爆】名古屋市長の河村たかしが金メダルを囓り、コロナは嘘だと世間にアピール トヨタの逆鱗に触れ門前払い

○【まるで病原菌扱い】河村たかし市長が“愛情表現”で噛んだメダルをIOCが無償で交換、辞任要求 大村知事サイドからの反撃か?

しかしその謝罪文は、A4のルーズリーフに余りに乱雑な文字で書かれている上、誤字を修正した跡までそのまま残されているため、あまりに誠意がないと、市の職員もかえって怒りを露わにしています。

今回のこの河村たかしの謝罪文を見れば、内心では一切反省していないということは誰の目にも明らかです。

そもそも、謝罪文の最後に「以上」と加える時点で、単なる業務連絡の延長として書いたのではないかと疑わざるを得ません。

このように常識のカケラもなく、自分の間違った行いを心から謝罪することもできない人間は、政治家の風上にも置けませんので、いっそのこと自ら辞職を申し出た方が、よほど多くの人々にとって益になるのではないでしょうか。

○【政治犯罪・リコール署名偽造事件】県警が高須克弥を家宅捜索 維新の会と河村たかしは責任逃れ

○高須院長が河村市長に「絶交宣言」不正署名問題で責任のなすりつけあいに

○大村知事リコール不正署名の犯人は維新の会だった!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment