RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【石原ファミリーの親戚か】日本版ビル・ゲイツの河野太郎、ワクチン休暇導入で接種を強要

先週、河野太郎ワクチン接種推進担当大臣は、ワクチン接種をするために休暇を取得できる、いわゆる「ワクチン休暇」の導入を企業に要請しました。

これを受け、三菱電機では17日から、社員や契約社員などおよそ4万3000人のすべての従業員を対象に、接種のために柔軟な有給取得ができる特別休暇制度を導入しています。

また、Yahoo!でも、正社員や契約社員などおよそ7900人を対象に、2回の接種を就業時間内扱いとして受けられるという制度を新たに導入しています。

他にもメルカリや明治安田生命、住友生命など、大きな企業でワクチン休暇の導入が決まったとのことです。

しかし、この制度が導入されると、有給休暇を受ける代わりにワクチンを打たなければなりませんので、ある意味、社員にとってはワクチン接種を強制されているのと同じようなものです。

会社に逆らって接種を拒否することは難しいでしょうし、しかも接種をしなければ、社内で肩身の狭い思いをするようになるかも知れません。

河野太郎はこのように人間心理を巧みに操りつつ、何が何でも庶民にワクチンを打たせて、全国民を皆殺しにしようとしています。

【一億総接種】ワクチンで日本人を皆殺しへ 河野太郎ファイザーと合意発表

河野太郎 国民の意見に一切耳を傾けないとTwitterで意思表示

そんな河野太郎の形相はまさに鬼のようで、6年前の顔写真と比べると、今では恐ろしいほど変わり果ててしまっています。

このようにすっかり殺人鬼と化してしまった河野太郎ですが、よく見ると、石原良純にそっくりで、しかも両者とも慶應高校、慶應義塾大学に1年違いで入学し、経済学部で学んでいます。(河野太郎は2ヶ月で退学し、渡米しています。)

河野太郎も、石原ファミリーの一員である可能性が高いということです。

そして、石原ファミリーもまた、創価学会などの群馬人脈とズブズブの関係だということが既に分かっています。

石原良純の叔父にあたる、俳優・石原裕次郎は、大病を患った際には必ず慶應大学病院に入院し、多くのファンや関係者が信濃町へと出向いて裕次郎を見舞っていたそうです。

しかも、石原裕次郎の手術や治療を担当した医師の中には、創価信者で宇宙飛行士の向井千秋や、オウム真理教幹部だった林郁夫がいたようです。

また、石原良純の兄である石原伸晃議員も、慶應出身で、今年1月にはコロナに感染したと嘘をついて入院していました。

河野太郎は、石原家の血筋で上級国民だからこそ、ワクチン接種担当大臣に就任し、日本での人口削減計画を主導する立場に就くことができたというわけです。

河野太郎は、ビル・ゲイツとも夕食会を開いて懇談し、がっちりと固い握手を交わしていますが、ここまで来るとまさに“日本版”ビル・ゲイツになったと言っても過言ではないでしょう。

こうして、今やワクチン接種の脅威がどんどん国民に迫っているわけですが、厚生労働省はワクチン接種は義務ではないとはっきり断言していますので、どんなに強制されたとしても断ることができます。

ですから、会社の風潮などに流されてワクチンを打つ必要は全くありません。

そしてこれ以上、ワクチン接種による被害者が出ないよう、河野太郎をはじめとした創価・群馬人脈の滅びを強力にお祈りしなければなりません。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

【特集】ワクチンの危険性を知るために

ワクチンに含まれる「水銀」は脳を破壊する最強の毒 イルミナティによる人口削減の実態を専門家が暴露
ワクチンは人口削減を行うために製造された毒薬に過ぎないということを、これまで何度も述べてきましたが、ワクチンに含まれた水銀には、人間の脳を破壊する強力な毒性があります。 しかも、ワクチンに含まれる水銀の量は年々増加しており、それに伴って精神...