RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【医師は皆コロナが嘘だと知っている】コロナ禍の中、日本医師会会長が政治資金パーティーを発起

東京都でまん延防止等重点措置が適用されていた4月20日、日本医師会の中川俊男会長が自ら発起人となって、政治資金パーティーに参加していたことが判明しました。

中川会長は多くの関係者に案内状を送ってパーティーへの参加を呼びかけましたが、その結果、一部はオンライン参加だったものの、医師会の幹部らを中心に100人規模の参加者が集まったそうです。

一方、中川会長は多くの会見の場で、政治家の会食に対する全面自粛を訴え、国民にもステイホーム生活などを徹底させることを求めてきました。

4月21日に行われた会見でも、一刻も早く3度目の緊急事態宣言を発令するようにと訴えており、変異株が拡大していることを理由に、全国規模での緊急事態宣言を行う必要性についても強調してきました。

○日本医師会の中川会長「自粛はもう限界」一刻も早い緊急事態宣言発令を訴え

このような中川会長の矛盾した言動に、医師会内部でも「せめて中川氏はパーティーへの参加を取りやめるか、オンラインでの参加にすべき」との怒りの声が上がっていたようです。

日本医師会の会長ともなれば、コロナウイルスが存在しないこと、パンデミック自体が嘘であることは百も承知のはずです。

彼は、医師会の権威を濫用してコロナの恐怖を煽り、国民に自粛を強要して、創価学会のご機嫌を取りながら、自分と身内だけは大いにパーティーを楽しんでいたというわけです。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

しかし、医師会の会長自ら、コロナ禍でパーティーの発起人となり、実際に参加したことにより、逆に「コロナが嘘である」ということを全国民に知らしめる結果となりました。

こうしてイルミナティたちは、いたるところで墓穴を掘り、自ら進んでコロナ茶番を終息に向かわせているわけです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment