RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

サンドウィッチマン伊達の癌報道 検診者は3割減

お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおが、膀胱がんのステージ1であることを発表しました。

早期発見をしたことで復帰が早かった、ということをアピールしています。

癌は存在しない病であることがRAPT理論により暴かれていますが、イルミナティはこの存在しない癌を存在するといって庶民を騙し、莫大な利権を貪ってきました。

乳癌で死んだとされている小林麻央も、創価学会の癌利権のために殺されたことが明らかになっています。

癌が存在しない病である証拠は以下からご覧ください。

癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(1)

癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(2)

癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(3)

しかし、癌が嘘であることがネットで広まってきたこと、またコロナ計画を支配層が継続していることで、2020年に癌検診を受けた人は、前年に比べて約3割減ったという調査結果が出ています。

○2020年のがん検診、3割減少 コロナで受診控えか

伊達みきおは、今回東京五輪の聖火リレーの式典に出席していますので、同じタイミングで癌だと公表すれば、効果的に国民にアピールできると考えたのでしょう。

そして、伊達みきおは金正恩とそっくりの上級国民。

また、金正恩は池田大作とそっくりであることが暴かれています。

つまり、伊達みきおも池田大作と血縁関係にある可能性が高いわけですが、今回の癌報道も創価学会の利権のために行われたと考えられるわけです。

しかし、今さら癌の広告塔を立てたとしても、真実は広まっていく一方ですから、彼らの利益が縮小していくことは目に見えています。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)