RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【やはり東京五輪は創価と中共の記念行事】中国選手、大量殺戮犯「毛沢東」のバッチを付けて表彰式に参加

国際オリンピック委員会(IOC)は3日、東京五輪の自転車女子チームスプリント表彰式で、金メダルを獲得した中国人選手2人が、建国の指導者である毛沢東のバッジを付けていたとして、中国の五輪委員会に報告を求めました。

IOCは五輪憲章などでは、表彰式での政治的な意思表明は禁止されていますが、毛沢東のバッジ着用が禁止行為に該当するかについて、広報担当のマーク・アダムスは未だ回答しておらず、うやむやになったままです。

今回の東京五輪において、中国は女子選手の中に男を紛れ込ませてメダルを獲得するなど、堂々と不正行為を行って問題視されていますが、今度は大量虐殺半である「毛沢東」を讃える行為を行い、さらに問題視されています。

毛沢東は武力によって人民を大量虐殺しただけでなく、意図的に飢饉が発生するようにし、最終的に世界最多の7800万人もの人々を殺害したと言われています。

○世界の虐殺者ランキング

現在の中国共産党もこの毛沢東を称賛しているわけですが、平和の祭典であるはずのオリンピックで世紀の大量殺戮犯の顔が刻まれたバッチをつけるなど、狂気の沙汰としか言いようがありません。

とはいえ、東京五輪は中国共産党と創価学会の記念行事ですので、こうした横暴が許されるのは当然のことだと言えます。

実際、五輪関連イベントでは、池田大作と毛沢東を足して半分にした顔を巨大な気球にして浮かべたり、IOCのバッハ会長に至っては「最も大事なのはチャイニーズピープル」だと発言しています。

○【東京五輪イベント】東京上空に現れた生首アートは、池田大作と毛沢東を足して半分にした顔

○【やはり東京五輪は創価と中共の記念行事だった!!】IOCバッハ会長「最も大事なのはチャイニーズピープル」と、つい本音が漏れてしまう

○【中国】東京五輪の女子陸上競技に、女子になりすました男子が参戦するとの噂が浮上 度を超えた“いかさま”に批判殺到

このように今回の東京五輪は、創価学会と中国共産党によって完全に牛耳られているわけですが、このような狂人どもがこの世を支配しつづけるなら、多くの人々が不幸になるしかありません。

一刻も早く狂人どもの支配を終わらせるためにも、私たちは今後もより一層強力に、創価学会と中国共産党の滅びをお祈りしなければなりません。

○【中国】東京五輪の女子陸上競技に、女子になりすました男子が参戦するとの噂が浮上 度を超えた“いかさま”に批判殺到

○創価、中共、韓国と一体化した反日NHK、東京五輪開会式でドローンの描いた「日の丸」放送せず

○【呪われた東京五輪】五輪開会式は創価学会のシンボルに満ちた悪魔崇拝儀式だった

○【呪われた東京五輪は、創価と中共の記念行事】東京五輪開会式が開催された7月23日は旧暦の6月6日

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment