RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【海老蔵も群馬人脈(徳川家の血筋)】借金まみれの市川家、コロナで返済できず海老蔵の生家売却、更地に‥

東京五輪開会式に登場し、久しぶりにマスコミから注目を浴びた市川海老蔵ですが、コロナ禍によって父親が遺した借金が返済できず、苦境に立たされていることが分かりました。

海老蔵の生家は都内の高級住宅街にあり、300坪の広大な敷地を有していましたが、1992年に海老蔵の母・希実子さんの父の事業の失敗で、保証人だった海老蔵の父・12代目市川団十郎が20億円ともいわれる負債を抱え、土地と建物を松竹に譲渡することになりました。

以降、松竹が借金を肩代わりし、市川家は“大家”になった松竹に住まわせてもらう形になっていたそうです。

海老蔵は小林麻央との間に生まれた長男・勸玄くんの「13代目団十郎、8代目市川新之助ダブル襲名披露興行」や「東京オリンピック」で活躍し、昨年中には借金返済のメドが立つと考えていました。

ところが、昨年からコロナ茶番が始まり、観客ありきの興行が全て延期となったため、借金の返済が間に合わず、松竹が市川家の土地と生家を売却することを決め、海老蔵もやむなく了承したとのことです。

その結果、市川家の土地は今年5月にゲーム会社に譲渡され、今では更地となってしまいました。

海老蔵は、小林麻央を生贄として悪魔に捧げ、かつガン利権の儲けのために、小林麻央を“存在しない”乳がんで死亡したと見せかけて、悲劇の家族を演じてきました。

○RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

〇RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

〇RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

このようにイルミナティとズブズブ、かつ全ての運を使い果たした海老蔵ですが、実は「徳川慶喜」に似ていることが判明しています。

徳川家は群馬がルーツの一族ですから、生贄儀式を行っていたとしても何ら不思議ではありませんし、悪魔崇拝儀式に他ならない東京五輪開会式に出演できたのも、彼が群馬人脈だったからに違いありません。

○【呪われた東京五輪】五輪開会式は創価学会のシンボルに満ちた悪魔崇拝儀式だった

○【呪われた東京五輪は、創価と中共の記念行事】東京五輪開会式が開催された7月23日は旧暦の6月6日

どんなに庶民の前で“良い父親”を演じていたとしても、その裏で行っていた悪事の報いは必ず受けるしかないということです。

○小林麻耶 3月末からブログ更新止まる

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment