RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

自分の足りなさに気落ちした私を、聖霊が温かく包み込み、元気づけてくださった(十二弟子・KAWATAさんの証)

私は今、毎日RAPT理論+αの記事を書かせていただいているのですが、RAPTブログに出会うまでは、現在の総理大臣は誰かと質問されても答えられないくらい、本当に世の中のことを知りませんでした。

そのため、まだまだ知らないことだらけで、なかなか記事をきちんと書けないことが多くあります。

憲法や法律の解釈、世の中の問題の根底にあるものなど、一つの記事を書くにしても、色々なことを知っていないとアウトプットすることは本当に難しいと日々痛感しています。

そんな中で、自分の能力不足や体力の問題、文章能力など、色々改善するべきところがあり、本当はもっとたくさんの記事を書いて公開したいのに、思ったように書けないことがあり、自分の無能さ加減に本当に悔しい思いが溢れてきました。

神様はRAPTさんを通して毎日私たちを御言葉で力づけてくださるのに、自分は最低限の働きすらできないのかと本当に申し訳ない気持ちになり、毎日午前1時からお祈りを始めるのですが、今日は0時過ぎくらいから涙が止まらなくなり、神様に申し訳ない気持ちや、自分に対する悔しい気持ちが溢れ出てしまいました。

ところが、そうしていると、お祈りの時間(1時)になる前から、急に聖霊が私を包み込んでくださっているような感覚になり、まるで元気づけてくださっているような、温かな感じがすごく伝わってきたのです。

その感覚は、自分で勝手に抱いていた「神様は私にがっかりされているかも知れない」という考えを全く吹き飛ばしてしまいました。

神様が聖霊を通して、落ち込むことなく、明日からまた頑張れるようにと元気づけて下さったのだと感じました。

同時に神様は、私が抱いていた落ち込む気持ちを取り去ってくださり、絶対に頑張ろうと強く決心する気持ちや神様に感謝する気持ちで満ち溢れるようにしてくださったのです。

ここ最近、本当に神様が近くで見守って下さっていることを強く感じるようになりました。

そして、神様が今の現状をご覧になって、自分にはどうにもできないことを霊界から取り計らってくださり、全てを良い方向に導いてくださっているのだと強く感じます。

また、ダックスフントのヤコブが亡くなったときに不思議な体験をしたことをお話しましたが、そのときに現れてくださった方が、お祈りのときに時折、近くしてくださっているようにも感じます。

○ヤコブが亡くなった日に体験した不思議なしるし(十二弟子・KAWATAさんの証)

これまでは感じられなかったようなことを、神様が自分にも少しずつ感じられるようにしてくださっているのかも知れないと思い、もっと神様に近付きたいと思うようになりました。

本当に霊界が大きく変わっていることを感じ、それに伴っていろいろなことが前向きに考えられるようになりました。

これからも、もっともがいて本当に神様に喜ばれる働きができるように頑張ります。

今、世の中では様々な混乱が巻き起こっていますが、そんな中だからこそ、できるだけ多くの人がRAPTブログを通して、神様の下で生きる素晴らしさや喜びを実感してほしいと心から願っています。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Kawataさん、応援してます。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)