RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【九鬼家・創価】気候変動サミットにビル・ゲイツも出席

アメリカのバイデン大統領が主催する気候変動サミットが、日本時間の22日夜から2日間にかけて、開催されています。

このサミットには、例の如く、ビル・ゲイツも出席しています。

具体的にどのような議論が交わされたのかはまだ明らかになっていませんが、温室効果ガスの削減やデタラメな環境対策でボロ儲けするつもりであることは間違いありません。

今回のサミットでは、創価学会とズブズブの中国国家主席・習近平も石炭の消費を減らしていく考えを表明し、対立を深める米中両国が気候対策の面では協力していくとの姿勢を示しています。

これまで何度もお話してきましたが、ビル・ゲイツには出雲族(九鬼家)の血が流れており、JAL123便墜落事故にも関与、520人もの命を殺傷してボロ儲けし、つい最近は軽井沢に巨大な悪魔崇拝施設を完成させたことも明らかになっています。

○ビル・ゲイツの別荘がついに完成 悪魔崇拝の拠点か

ビル・ゲイツは、未だに原発利権でボロ儲けしようと企んでいますし、現在はワクチンを世界中にばら撒いて、飽くことなく世界中の人々を殺戮しています。

今回の気候変動サミットも、ビル・ゲイツなどの九鬼家および創価学会の思惑通りに世界をコントロールする目的で開催されたに過ぎません。

彼らはこれまで、地球温暖化によって「海面が上昇する」「生態系が破壊される」「人口爆発で食糧危機が訪れる」などとデタラメを言って、人々を常に不安や心配に陥らせてきました。

しかし、この地上で最も環境破壊してきたのも、生態系を破壊してきたのも、人々を殺戮してきたのも、ビル・ゲイツをはじめとした創価学会、イルミナティどもです。

にもかかわらず、彼らは未だにSDGsなどの綺麗事ばかり並べた施策を実施し、善人面を装っています。

自ら問題を作り出し、その問題を解決するふりをするというマッチポンプで、自らをヒーローであるかのように演出しながら、人々を騙しつづけてきたのです。

私たちはイルミナティの実態を今後も根気強く発信し、一人でも多くの人たちを洗脳から解き、救っていかなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)