RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価国】コロナの恐怖を我先にと煽ってきたイスラエル、いち早く規制解除で茶番から脱却

イスラエル政府は1日、コロナワクチン接種が進み、感染を抑えることに成功したため、コロナを巡るほとんどの行動制限を解除したと発表しました。

これまで実施していた大規模イベントなどの入場者制限を撤廃し、レストランやカフェはワクチン接種の有無にかかわらず、自由に利用できるようにしたとのことです。

また、ワクチン接種を証明する「グリーンパスポート」も廃止され、残るは室内でのマスク着用義務と、コロナ拡大地域からの入国制限のみとなりました。

これまでイスラエルは、我先にとコロナの恐怖をさんざん煽ってきましたが、実は同国は創価学会とかなり懇意の関係にあることが分かっています。

https://twitter.com/truefrom7/status/1289339990237835264?s=21

つまりイスラエルも、創価学会と結託してコロナ茶番を煽り、創価による世界乗っ取り計画(総体革命)に加担してきたわけですが、ある程度、乗っ取り計画とワクチンによる人口削減が進んできたため、いち早くコロナ茶番から脱却し、自分たちだけバカンスを楽しもうという魂胆なのでしょう。

あるいは、「ワクチン接種が進めばイスラエルのように自由な生活が取り戻せる」と世界各国にアピールし、ワクチン接種を加速させようという狙いもあるのかも知れません。

いずれにせよ、ユダヤ人による悪質な洗脳工作に騙されることなく、一人一人が今すぐコロナから解放された自由な生活を送り、コロナ茶番を終息へと導いていかなければなりません。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

コメントを書く

*
*
* (公開されません)