RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

PCR検査は意味がない!! あまりにずさんな検査の実態

コロナパンデミックを機に、盛んに行われている「PCR検査」。

しかし、このPCR検査の精度はかなり杜撰なものであり、ただ「コロナ陽性者」を増やすためだけに利用されているというのが現状です。

新型コロナウイルスの測定用のPCRキットの説明書には、「PCRキットの検査の結果、陽性であっても、これをもって新型コロナウイルス感染症と診断してはいけないし、ましてや治療の根拠としてはいけない」という警告が書かれています。

なぜかと言いますと、PCR検査で陽性反応が出るウイルスは、コロナウイルスだけではなく、以下のウイルスも陽性反応が出てしまうのです。

これだけ多様な種類のウイルスによって陽性反応が出るならば、PCR検査の回数さえ増やしていけば、いくらでも「コロナ陽性者」を量産することができます。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

PCR検査の杜撰さは世界中でも批判が噴出しており、殊にポルトガルにおいてはPCR検査そのものが違法となっています。

また、PCR検査がどれほど適当なものなのかを証明するために、タンザニアのジョン・マグフリ大統領がパパイヤやヤギ、エンジンオイルなどを使って抜き打ち検査を行ったところ、陽性反応が出たということまで暴露されています。

しかし、マグフリ大統領は、この真実を暴露したために、暗殺されてしまいました。

また、アメリカの医師も、コロナは存在せず、PCR検査も用いるべきではないと話をしています。

あまりにもPCR検査に対する批判が高まったので、ついにWHOも、PCR検査に問題があることを認めるようになりました。

PCR検査の発明者であるキャリー・マリスも「PCR検査は、感染症検査に使用してはいけない。」と言い残していますが、キャリー・マリスはコロナパンデミックが始まる直前の2019年8月に不審死を遂げています。

彼は、暗殺された可能性が高いと言われています。

日本のメディアでは、このようなことは全く報道されませんが、海外では当たり前のように知られている事実です。

閉鎖的で嘘に塗れた日本のメディアの報道を真に受けていると、本当に頭がおかしくなり、気が狂ってしまいます。

RAPT理論はもちろんのこと、海外からも多くの正しい情報を取り入れて、広い視野で世界の動向を見るようにすれば、日本のマスコミに洗脳させることは一切なくなるでしょう。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment