RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

花粉症の原因・ケムトレイル散布、各地で相次ぐ

春の盛りが近付く今日この頃、花粉症の症状に悩まされる人が多く出てきています。

しかし花粉症になる原因は、実は花粉ではなく、ケムトレイルによるものではないかと噂されています。

実際に、花粉症の症状が出やすい気候になり、ケムトレイルが日本各地の上空で、顕著に見られるようになっています。

ケムトレイルとは、航空機から散布される人工物質のことです。

花粉症に似た症状は、このケムトレイルによって引き起こされている可能性が高いのです。

つまり花粉症とは、製薬会社や医療業界が儲けるために人工的に作り出された病気だと考えられるわけです。

○花粉症はケムトレイルで作られる可能性

実際に、ケムトレイルの散布には天皇家やユダヤ人が関わっていることが明らかになっています。

○HAARPという大嘘。気象操作は高度な科学技術ではなく、極めて原始的な方法で行なわれている。

○ケムトレイルも天皇家一族のボロ儲けの種。この世の陰謀論は、天皇家一族の悪事を隠すための情報撹乱である。

また、日本のケムトレイル散布に、自衛隊が関与していることも暴露されています。

○元自衛隊員、自衛隊の花粉症原因物質の散布関与を暴露

ケムトレイルを散布する目的は、気象操作のためだけでなく、人々に悪影響を及ぼす物質を撒くことで、多くの人が病院で診察を受け、薬を購入するようにして、一部の上級国民たちがボロ儲けするためです。

しかし、ここ最近は近年に比べて、ケムトレイルの散布の回数が少なくなっているのでは?という声もあります。

現在イルミナティは、コロナパンデミックが計画通りにいかなかったことで、徐々に弱体化しています。

ケムトレイルの散布量が減っているのも、イルミナティが弱体化していることの現れかも知れません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)