RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

水俣病、アスベスト問題、薬害エイズも、コロナと同じ人口削減計画だった

イルミナティがコロナワクチンを使って人口削減を行なっていることは、今では多くの人々の知るところとなっていますが、イルミナティはこれまで何度も同じような手口で人口削減計画を実行してきました。

○ロシア公共放送が、ビル・ゲイツやローマクラブによる人口削減計画について大々的に報道

○イルミナティが人口削減について会議している映像がネット上に流出

○トヨタもヘンリ・キッシンジャーも李家かつ群馬人脈 庶民を家畜と見なし人口削減する彼らのおぞましき実態

以下の情報は、Yahooコメント欄に投稿されていたものです。

水俣病やアスベスト、薬害エイズなどの問題は、いずれも政府の対応の遅れによって甚大な被害がもたらされ、現在でも多くの人々がその被害によって苦しんでいます。

イルミナティは、人体に有害なものを意図的に流通させ、庶民が病気になるように仕向けてきました。

○アメリカで最大の農地を所有するビル・ゲイツ ワクチンのみならず、遺伝子組み換え作物による人口削減を計画

その中でも、水俣病の被害は特に深刻で、チッソ株式会社や昭和電工の工場から、有機水銀が河や海へと廃棄され、その水銀を取り込んだ魚介類を食べることで引き起こされました。

熊本で発生した最初の水俣病は、熊本大学が有機水銀が病原であることを突き止め、厚生省に訴えたにもかかわらず、当初は全く相手にされなかったため、被害が拡大したと言われています。

またチッソ側も、企業の責任を認めようとせず、海洋汚染の対策すらまともに取ろうとしなかったため、意図的に被害を拡大させたのではないかと疑われています。

○【これが上級国民と庶民の格差】入院中の小泉進次郎と滝クリがコロナ禍の中で面会 特別待遇だとして批判殺到

○【皇后雅子の親戚】江頭2:50突然の活動休止 創価芸人への裁きか

薬害エイズも、血友病患者に投与する「非加熱製剤」によって引き起こされたと言われていますし、そもそもエイズウイルス自体、存在していませんので、エイズを治療する必要が最初からありませんでした。

フランスのエチエンヌ・ド・アルヴァン医師は、エイズは伝染病ではないし、そもそも研究者の誰一人としてエイズウイルスを見たことがないと証言しています。

○エイズは嘘だった

つまりエイズも、癌や糖尿病のようにイルミナティによって捏造された嘘の病気だということです。

○RAPT×読者対談〈第114弾〉癌という病気は存在しない。(前編)

○RAPT×読者対談〈第115弾〉癌という病気は存在しない。(後編)

〇癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(1)

〇癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(2)

〇癌という病気は存在しないと断言できる幾つもの証拠(3)

薬害エイズは、731部隊の残党が設立したミドリ十字が起こしたものですが、彼らは戦後の日本においても卑劣な人体実験を行い、大量の人々を殺戮して、人口削減計画を実行してきたわけでしょう。

このように人の病気を治すための医療が、その実、庶民を殺戮するための手段として悪用されています。

これからさらに医療業界の闇が暴かれ、真に正しい医療がこの世に広まって、多くの病人や怪我人が救われることを心から願うばかりです。

○シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment