RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【アメリカ】ワクチン接種直後に4057人が死亡 全身痙攣や記憶喪失などの重篤症状も

アメリカでコロナワクチン接種後の副作用により、病院で受診した人は3万2801人に上り、4057人(5月7日時点)が死亡していることが分かりました。

このようにコロナワクチン接種後に、重篤症状を訴える人たちや死亡する人が世界中で続出しています。

しかし副作用が出たとしても、ワクチンとの関連性を認められない場合がほとんどで、政府から救済金も支給されず、入院費用などの一切を自己負担させられ、生活に困窮している人が大勢います。

○【ワクチン接種】コビットワクチンで医療従事者が「全身痙攣」を起こす

○創価とズブズブの厚労省「ワクチン接種で死亡したら4420万円支払う」と嘘をつく

Twitterでは、コロナワクチン接種を受けた子供が全身痙攣を起こしている動画が投稿され、その余りに傷ましい姿に多くの人々が心を痛め、怒りを露わにしています。

また、ワクチンの副作用で流産や早産、胎児死亡などが起きているにもかかわらず、アメリカ疾病予防管理センターが妊婦にまでワクチンを推奨していることが報じられました。

アメリカの上院委員会では、医師がコロナワクチンの危険性について述べ、ワクチンを使った動物実験中に動物たちが次々と死にはじめたため、実験を中止したと述べています。

イルミナティは、私たち庶民を動物実験用のモルモットと見なし、殺戮兵器であるワクチンを多くの人々に接種し、人口削減計画を着々と進めています。

ワクチンの危険性がSNS上で拡散されているとはいえ、未だに多くの人たちがワクチンの危険性を知らずにいますので、周囲の人と情報をシェアして、できるだけ多くの人たちの命を守っていかなければなりません。

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

○米私立校がワクチン接種を受けた教職員を雇用しないと決定 ワクチンは“未接種者”にまで副作用を及ぼすと指摘

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○ファイザー製ワクチンを接種した母親の乳児が死亡

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

コメントを書く

*
*
* (公開されません)