創価学会の工作員養成所「慶應大学」の男子大学生が空き家に侵入し放火「不眠症で眠れずムシャクシャした」

創価学会の工作員養成所「慶應大学」の男子大学生が空き家に侵入し放火「不眠症で眠れずムシャクシャした」

自宅近くの空き家に侵入し放火したとして、警視庁捜査1課は31日までに、非現住建造物等放火などの疑いで、慶応大経済学部2年の男子大学生、村松葵(20)を逮捕しました。

村松容疑者は昨年の11月13日未明、東京・世田谷区の世田谷記念病院が管理する空き家に侵入し、床など数カ所にライターで火を放ち、約60平方メートルを燃やした疑いが持たれています。

警視庁によると、村松容疑者は「不眠症で眠れずムシャクシャした。体調が悪くイライラして、衝動的にやってしまった」と容疑を認めているとのことです。

慶應大の広報担当者は「事実関係を確認し、厳正に対処していく」と話しています。

慶應大学は、かねてより上級国民の子供たちが通うエリート校として見なされてきましたが、その実態は、創価学会の工作員養成所であることがRAPT理論によって暴かれました。

○【創価】慶大生が「性的同意ハンドブック」作成 慶大生による性犯罪の実態

○慶應大学と称する創価工作員養成所で、個人情報6500件が漏洩

しかし今や、慶應人脈を輩出してきた創価学会は衰退の一途を辿り、上級国民たちにも次々と裁きが下り、滅び去っています。

そして、名の知れた上級国民たちが精神的に追い詰められ、不眠症で悩んだり、悪夢を見たりして苦しんでいることが明らかになってきました。

○【裁かれる上級国民】出口王仁三郎の子孫・ヒカキンが5年ほど毎日悪夢を見てきたと告白

したがって、今回の放火事件は、上級国民たちがいかに苦しみ喘いでいるかを物語る事件とも言えます。

このように、上級国民として生まれて裕福な暮らしを味わったとしても、必ずその行いの報いを受け、滅び去っていく運命にあるということです。

○【滅びゆく李家一族】安倍晋三の親戚・河井案里が睡眠薬を飲んで自殺未遂

○【創価学会の悪あがき】池上彰「新聞はオワコンじゃない。読まない人は損をします」と国民の新聞離れに苦言

○ワクチンパスポートも職域接種も抗原検査も全て“パソナ=竹中平蔵”が儲かる仕組みだった!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment