RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【一種のスピンか?】安倍晋三の影武者がピアノ演奏を披露

使われないまま倉庫に眠る「アベノマスク」を巡り、松野博一官房長官が15日の記者会見で、希望する自治体や個人に配布すると表明しました。

「アベノマスク」は、現在も大量に保管されたままで、昨年8月から今年3月にかけての保管費用だけでも6億円かかったことが判明しています。

○【創価学会への利益供与】国の調達した布マスク8200万枚(115億円分)が倉庫に放置されていたことが判明 保管費用に6億円

そのため政府は、在庫を少しでも減らすために昨年8月以降、希望枚数に上限をつけず、送料を国で負担して介護施設などに無料で配布してきました。

それでも未だに大量に残されているようですが、安倍晋三の事務所も「アベノマスク」を引き取る気は一切ないようです。

また、これまで安倍晋三が行ってきた数々の悪事について、現在も批判されつづけており、逮捕を求める声も数多く上がっています。

そんな中、安倍晋三は“悪徳政治家”のイメージを払拭しようとしてか、ピアノを演奏している様子を突如、YouTubeにアップしました。

説明によると、今年10月に開催された「ジャパン・スピリットコンサート」に寄せたビデオだそうで、表情一つ変えることなく、おぼつかない手つきで演奏しています。

過去の記事でも述べました通り、安倍晋三は総理大臣を辞任したのと同時期に死亡したことが判明していますので、演奏しているのは影武者に他なりません。

しかも、この動画の後半では、安倍晋三が挨拶をしているのですが、日本語をまともに発音できていません。

きちんと聞き取れないところも多く、字幕がなければ何を言っているのか、日本人でも理解できないレベルです。

もしかすると、安倍晋三になりすましているのは、中国人なのかも知れません。

いずれにせよ、ピアノを弾いたところで国民の怒りをなだめることなどできませんので、全く的外れな悪あがきとしか言いようがありません。

安倍晋三や岸田文雄の影武者を操る中国人たちが、一刻も早く滅び去ることを心から祈ります。

○茨城6区「国光あやの」の応援に駆けつけた岸田文雄と安倍晋三の演説に「日当5000円」でサクラを動員していたことが判明 公職選挙法違反の可能性

○【日大背任事件】「錦秀会」の前理事長・籔本雅巳容疑者らが再逮捕 安倍晋三と昵懇だったことも暴かれる

○【影武者】死んでもなお 憲法改正を訴える安倍晋三

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment