RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【死亡説が濃厚】「エリザベス女王」がクリスマススピーチの映像を公開するも、即座にディープフェイクの可能性が高いと指摘される

エリザベス女王は25日、クリスマス恒例のテレビ演説を行い、「人生には最初の出会いと同様に最後の別れがある」と語り、伝統や価値観を次世代に引き継ぐことの重要性を訴えました。

しかしエリザベス女王は、今年10月に死亡した可能性が高く、マスコミも彼女の死を仄めかしていました。

○【悪魔崇拝組織イギリス王室】エリザベス女王が2週間の休養を発表し、死亡説が広まる BBCも女王の死を匂わせる演出

エリザベス女王は、かねてより「ディープフェイク」と呼ばれる映像技術によって、本当は死んでいるにもかかわらず、生きているかのように演出されているのではないかと指摘されてきました。

実際に以下のような映像も制作されていることから、今回のクリスマススピーチもディープフェイクである可能性が高いと言えます。

また、以下のエリザベス女王の画像は、3年前のクリスマス・スピーチの映像を切り取ったものですが、この時点でも既に本物と顔つきが全く違います。

やはり、この時点で本人は既に死亡していたと考えて間違いないでしょう。

過去の記事でも述べましたが、エリザベス女王は、カナダの先住民族を大量殺戮し、5万人以上もの子どもたちを拷問し、殺害した悪魔のような極悪人です。

そして、彼女だけでなく、イギリス王室全体で現在も未成年に対する性的虐待や人身売買を行なっていることが判明しています。

エリザベス女王のみならず、イギリス王室全体が一刻も早く解体され、消滅しますことを心から願うばかりです。

○【エプスタイン人脈】英アンドリュー王子、未成年に対する性的虐待のかどで提訴

○【エリザベス女王・ローマ法王による幼児虐殺】カナダの先住民寄宿学校の跡地で215人の子供の遺骨発見 

○【幼児大量虐殺犯】エリザベス女王の夫フィリップ殿下 死亡

○【カナダ】先住民寄宿学校の跡地から墓標のない墓が751基発見 現在も粛々と実行される先住民の大量虐殺

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment