RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

元創価学会員が「コロナ対策の10万円給付は、功徳を積むための“武器”(=お布施)」だと暴露

18歳以下の子供に給付される10万円を巡り、クーポンか全額現金で給付するかで問題となっていますが、この臨時特別給付金は、国民を救済するためでなく、創価学会に多額の現金を集めるための政策だと判明しました。

創価学会の元信者で、同組織の問題点に言及してきた「天野達志」は、10万円給付について「創価学会の学会員さんの中に、この10万円相当の給付を“見返り”と考えている人はいません。むしろ、功徳を積むための“武器”なんですよ」と述べています。

つまり、公明党は創価信者に10万円を給付した上で、お布施として学会に納めさせるために、この政策を押し通そうとしているわけです。

しかし、その給付金をクーポンで配られてしまうと、それだけ創価学会の取り分が減ってしまいます。

そこで、創価学会の最重要拠点である群馬県が他県よりもいち早く「全額現金で給付する」と表明したわけでしょう。

創価学会がこの世に存在している以上、全ての人類にとって百害あって一利なしですので、一刻も早く滅び去るよう続けて強力にお祈りしなければなりません。

○外国人留学生にも10万円給付 あからさまに中国人を優遇する岸田内閣に非難殺到

○【中共と創価学会はグル】公明党の「18歳以下に一律10万円」「住民税非課税世帯に10万円」施策で、なぜか中国人が潤う仕組み

○【10万円給付】事務経費が1200億円にも上ることが判明 竹中平蔵のパソナや電通への利益供与を目的にした“愚策”だと国民から批判殺到

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment