RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナ茶番を煽る倉持仁院長】「ワクチン効果で次の波はこのように大規模な感染が増えてしまうと思います」と意味不明なツイートをし、自らの知能の低下を晒す

コロナ茶番に加担し、テレビなどで医療現場の声を発信する宇都宮市インターパーク倉持呼吸器内科の「倉持仁院長」が5日、ツイッターを更新し、群馬県太田市の工場で発生したクラスターについて触れ、「ワクチン効果で次の波はこのように大規模な感染が増えてしまうと思います」などと、意味不明の警鐘を鳴らしました。

倉持仁はこれまで頻繁にテレビ番組に登場してコロナを煽ってきた人物ですから、どういった真意でこのようなことを述べたのか定かではありません。

イルミナティたちは、ワクチン接種によって副反応を発症した人たちをコロナに感染したと見なして、「第6波」をでっち上げようとしていることが判明していますので、いずれにしても国民の恐怖心を煽ろうとしたことは間違いありません。

○【第6波茶番への準備着々】「オミクロン株の感染者が日本で初めて確認された」と真っ赤なウソをつく岸田内閣

○【コロナ茶番のカラクリ】厚労省が「ワクチン接種後に発熱した人は、コロナに感染している可能性がある」と庶民を脅し、検査を受けさせて感染者を捏造していることが発覚

また、今回クラスターが発生したのも、創価学会と李家の最重要拠点である群馬県ですから、どうせ創価信者を利用して茶番をでっち上げたのでしょう。

このようにヤブ医者たちは、コロナ補助金に目が眩んで必死で茶番を煽っているわけですが、倉持仁もその一人だと国民から見なされ、完全に信頼を失っています。

そもそも、コロナウイルスはこの世に存在しませんので、コロナありきであれこれと話すヤブ医者たちのことなど決して信用しないよう、十分に注意しましょう。

○シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

○47都道府県が“コロナウイルスは存在しない”と回答した公文書一覧

○世界中の国々がコロナウイルスの存在を証明できないと認める

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment