RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【社員をも殺戮する創価企業Google】在宅勤務者にもコロナワクチン接種を義務付け 社員600人が反対署名

創価企業のグーグルはこれまで、オフィスに出社する従業員に対し、コロナワクチンの接種を義務付けてきましたが、このポリシーを変更し、連邦政府と直接または間接的に仕事をするリモート勤務の従業員にも接種を義務付けしようとしていることが明らかになりました。

この社内方針の変更を受け、600人もの社員が接種の義務化に反対する文書に署名したとのことです。

現在、バイデン大統領は在宅勤務者を含むすべての連邦政府の関係者に、1月までにワクチンを接種することを求めていますが、グーグルもこの方針に従って社員に接種を義務付ける方針を固めつつあるようです。

グーグルは、ワクチン接種を拒否して在宅勤務をつづけている社員に対し、給与を削減するなど、卑劣な嫌がらせをしてきましたが、未だに抵抗する社員たちを排除するため、今回、バイデンと結託してこうした措置を執ったものと考えられます。

○創価企業Googleがコロナワクチン接種を義務化 反抗的な社員の殺戮を計画か?

創価企業のGoogleがブラック企業化 在宅勤務を続ける職員の給与最大25%削減し、コロナワクチンを強要 

グーグルはコロナを機に、情報統制や言論弾圧をしている上、ワクチン製造・人口削減計画にも直接的に関与してボロ儲けしており、既に多くの社員から愛想を尽かされています。

○【創価企業Googleの元社員による内部告発】Googleは検索結果もYouTubeの再生回数やいいね!も全て操作し、庶民を洗脳してアメリカの国家転覆を謀っている

○【創価企業Googleの終焉】幹部社員36人(全体の10分の1)がトップに反発し退職

○創価企業Googleが気候変動を否定するコンテンツへの広告配信停止を発表 さらなる言論弾圧に乗り出す

その上、こうしてワクチン接種を義務付け、社員にさらなる圧力をかけるなら、社員と経営陣との溝はますます深まり、いずれ大きなトラブルや損失を招くことになるでしょう。

このようにグーグルは、自社の社員を殺害することも辞さない悪徳企業であることが分かりましたので、人類の平和のためにも一刻も早く倒産し、滅び去ることを心から祈ります。

○【創価企業Googleはワクチン会社だった】収集したユーザーのプライバシー情報を製薬会社に提供し、ワクチン製造に直接的に関与

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment