RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【アメリカ・ミシガン州】3回目のコロナワクチンを接種した職員が次々と副反応を発症し、学区内の全ての学校が閉鎖

3回目のコロナワクチン接種を実施したミシガン州の学校区で、職員たちが次々と副反応を発症し、学区内の全ての学校を丸1日休校にせざるを得ない状況になっていたことが明らかになりました。

これまでミシガン州は、コロナの恐怖を煽るために様々なデマを世界中に拡散してきましたが、同州の大学においては、ワクチンによる不正出血を「閉経した女性の生理が再開した」と言って、副反応の実態を揉み消そうとする工作にも加担していました。

しかし、このような状況下でも、一部の住民らはワクチン接種の義務化に反対し、大規模な抗議活動を行なっています。

このようにコロナ茶番を積極的に続けている地域では、既に3回目のワクチン接種が行われているため、今後じわじわとその影響が表面化していくことは間違いありません。

○ファイザー元副社長のマイケル・イードン博士が警告「3回目のコロナワクチン接種に近づいてはいけない」

○「コロナワクチンを接種しなければ投獄する」と発言していたフィリピン大統領ドゥテルテ「ワクチンを3回打つと間違いなく死ぬ」と国民に警告

この日本でも3回目のワクチン接種が始まりつつありますが、多くの人々がワクチンの危険性をはっきりと認識し、自らの尊い命をしっかりと守り通すことができますことを心から願うばかりです。

〇3回目のコロナワクチン、公費で接種開始 国民の税金を使って殺戮を続ける日本政府

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment