RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

エリカの今日の悟り(2021年11月15日)

今日も、RAPTさんの伝えてくださった御言葉から悟ったことを綴ります。

神様の考えを心から受け入れた時、ようやく人は心の重荷から解放される。
心頑なにして神様の考えに反発しているときは常に心が重たいですが、心から神様の考えを受け入れたとき、急に我に帰ったかのように客観的に自分を見ることができ、心が軽くなります。それまで自分の考えやサタンの考えによって、いかに目を塞がれていたのかが分かります。

神様を信じて愛することで、自動的に人格者になっていく。
世の中で生きていると、何か一つでも人よりも抜きん出ている部分があれば、それで満足してしまいがちですが、神様の世界では、全ての面において正しく変わっていく必要があるため、一つ一つ向き合って自分を治していくことで、人格者へと近づいていきます。

神様はこの世で唯一、私たち人間に対して、この世の真実や正しい価値観を教えてくださる存在である。
神様の言葉は一見すると厳しく聞こえますが、決して私たち人間を貶めようとされているのではなく、私たち人間の間違った考えをひたすら矯正して正してくださって、私たちが幸福に生きられるようにしてくださっています。

体を鍛えたら体力がつくように、霊を鍛えたら霊の力が身につく。
霊的に敏感な人ほど、霊を強く鍛えていかないと、すぐにサタンや悪霊などにやられてしまうと思いました。霊を鍛えるには、RAPTブログの有料記事に忠実に聞き従う以外に方法がなく、自分自身もっと努力する必要があると感じます。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment