RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【マンガの見すぎか?】岸防衛相が自衛隊「宇宙作戦隊」を、地元の山口・防府北基地に設置すると表明 宇宙詐欺に加担

岸防衛大臣は来年度、山口県の航空自衛隊・防府北基地に「第2宇宙作戦隊」を編成する予定であると表明しました。

防衛省によりますと、当初はおよそ20人の体制で発足させ、日本の人工衛星への妨害行為などを監視するとのことです。

防衛の新しい対象として宇宙やサイバー、電磁波などの領域に注目が集まる中、対中国やロシアを念頭に宇宙空間監視体制を強化したい考えです。

岸大臣は隊員への訓示で、「宇宙空間における我々のプレゼンスを高めるため、引き続き一丸となってしっかり準備を進めてほしい」と鼓舞しました。

ここ最近、防衛省は北朝鮮や中国などが攻めてくると言って国民を脅し、防衛費の増大を図っていますが、それだけでは飽き足らず、宇宙防衛まで口実にして国民から税金を搾り取ろうとしています。

○【宇宙詐欺】防衛省、存在しない宇宙空間の警戒・監視、人工衛星の修理・補給を担う「宇宙巡回船」の建造を検討 さらなる税金の強奪を目論む

○防衛省が防衛予算をふんだくるため、YouTuberなど100人に「北朝鮮や中国が日本に攻めてくる」と国民を洗脳するよう協力を要請

○李家のスポークスマン「ひろゆき」が「もうすぐ北朝鮮が戦争を始める」と嘘八百を言って庶民を脅し、防衛省の洗脳工作に加担

しかし、宇宙空間はこの世には存在せず、宇宙関連ビジネスも全て詐欺に過ぎないことが既にRAPT理論によって暴かれています。

○日本の宇宙ビジネス詐欺の首謀者は“群馬人脈”だった 日本橋が宇宙詐欺の拠点と化す

○NASAが公表した火星の画像は、カナダ・デボン島で撮影した捏造写真だった!!

○【宇宙は存在しない】Amazon・ベゾスのロケット高度100キロに達しただけで「宇宙旅行成功」と発表

ですから、宇宙空間から中国やロシアが攻めてくることも、宇宙人が侵略してくることも絶対にありません。

人々に宇宙の存在を信じ込ませるために活躍してきた「NASA」も、今では単なる“インチキ映像制作会社”だとバレており、多くの人たちから馬鹿にされています。

このようにイルミナティ(ユダヤ人)は、存在しないものを存在するかのように嘘をついて、人々から莫大な金を搾り取って私腹を肥してきました。

この日本においても、この宇宙の真実がさらに広く知れ渡り、イルミナティの詐欺計画が全て失敗することを心から祈ります。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment