RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

コロナワクチン3回目接種が来月からスタート 「変異株が自滅しているのにワクチン接種をする」という支離滅裂な状況に

, …

厚生労働省の専門家部会は10日、コロナワクチン3回目の接種を来月から開始することを了承しました。

3回目の接種に使うワクチンはファイザー社製で、対象を18歳以上に定めています。

一方、ネット上では日が経つに連れ、コロナワクチンの副反応に苦しむ人たちの声が次々と投稿され、誰もが接種したことを後悔しています。

しかもここ最近、ワクチンでさらにボロ儲けしたい創価企業ファイザー社と、コロナ茶番を収束させたい勢力との間で理論破綻が生じ、変異株が自滅していると発表されたにもかかわらず、未だにワクチン接種を推奨するといったメチャクチャな状況となっています。

○コロナワクチンを製造販売するファイザーは、創価学会の子会社だった!! 

○【国立遺伝学研究所】コロナ第5波収束の理由を「ウイルスがゲノム変異を起こし死滅した」と発表し、ビル・ゲイツ死亡の事実を隠蔽

○【コロナワクチンはボロ儲けのタネ】創価企業ファイザーがコロナワクチンで売上高4兆円突破の見通し

○【尾身会長終了】若者を洗脳するために始めたインスタを早くも更新ストップ、3週間更新なし やはりビル・ゲイツ死刑執行の影響か

○ビル・ゲイツ、10月1日に絞首刑が執行され死亡 首の骨が折れず、最後まで苦しみもがいて死ぬ

さらに厚労省に至っては、「追加接種するのは、何回接種すれば死亡するか確かめるため」などと内部告発し、大きな波紋を呼んでいます。

○【厚生労働省】コールセンター職員が内部告発か?「ワクチンは感染を予防するものではなく、情報を収集するために実施されている」「追加接種するのは、何回接種すれば死亡するか確かめるため」

このようにコロナワクチンの危険性は十分すぎるほどに暴かれていますので、3回目のワクチン接種をするなど論外と言うしかありませんが、未だに「ワクチンが必要」だと深く洗脳されている人も少なくありません。

〇ファイザー元副社長のマイケル・イードン博士が警告「3回目のコロナワクチン接種に近づいてはいけない」

〇WHO「コロナワクチン3回目接種の必要性は根拠なし」

〇WHOがコロナワクチン3回目接種を抗体不十分の人にのみ推奨 やはりビル・ゲイツ死刑の影響か?

ですから、まだ接種していない人たちが同調圧力に屈して接種することのないよう、今後も粘り強く真実を発信し、洗脳を解いていかなければなりません。

○ファイザー社内関係者による内部告発「ファイザーワクチンによって1週間で20万人死亡した」日本でも前年に比べ死者35,000人以上増加の見込み

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment