RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

政府が“気象操作”の研究を公に支援するとの方針を発表 ケムトレイル被害拡大の恐れも

政府は今後、日本に到来する台風の勢力が強まると懸念しており、人為的に台風の勢力を落とす「台風制御」「気象制御」の分野を選定し、研究費などを支援していく方針であることを明らかにしました。

具体的な方法として、航空機で台風の目に大量の氷の結晶をまき、台風のエネルギーを削ぐことなどが模索されており、専門家チームが2年前の房総半島台風のケースでシミュレーションした結果、最大風速を3メートル減少させ、家屋への被害を3割程度減らすことができたとのことです。

しかし、もう既に気象操作はケムトレイルを撒くことで当たり前のように行われており、ほとんどの台風も人工的に作られていることが分かっています。

〇HAARPという大嘘。気象操作は高度な科学技術ではなく、極めて原始的な方法で行なわれている。

 ○ケムトレイルも天皇家一族のボロ儲けの種。この世の陰謀論は、天皇家一族の悪事を隠すための情報撹乱である。

○世界各地の豪雨・洪水はおおよそ自然災害ではない 人工降雨の技術は世界各国で既に確立されている

○100年以上前に人工的に雨を降らせていた人物がいた!!

つまり、人工的に台風を発生させて、その台風を人工的に弱体化させるというマッチポンプにより、国民の税金をさらにぼったくろうとしているわけでしょう。

そして、台風の弱体化のために「ケムトレイル」の原料となる「ヨウ化銀」を使用するとのことですが、ケムトレイルを撒いた後の地域では、毎回、多くの人たちが健康被害を訴えています。

したがって、台風の発生時期には、目や鼻の痛みや痒みなどを訴える人がさらに増加する恐れもあります。

また、マスコミや医療機関が「花粉症」だと決めつけている症状も、本当はケムトレイルが原因である可能性も十分にあります。

今現在、コロナワクチンばかりに注目が集まっていますが、こうした方法でも庶民の健康が危険に晒されていますので、ケムトレイルを使った気象操作など完全に阻止しなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment