RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【原発詐欺演出】福島第一原発の処理水 海洋放出決定の方針

東京電力福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムなどの放射性物質を含む水の処分方法について、政府は海への放出を決めたことを発表しました。

メディアではこのニュースを大きく取り上げているようですが、RAPT理論では、原発や原爆、放射能が存在しないということが暴かれています。

また、福島原発付近の帰還困難区域に長時間滞在したとしても、全くの無害であることも証明されています。

○RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)

○RAPT×読者対談〈第57弾〉原発も原爆も存在しない。(後編)

○【福島第一原発に行ってみた!!】やはり原発も放射能も存在しなかった!!

ニュースでは、いかにも物々しい雰囲気で原発の処理水を海に流すことを報道していますが、その処理水の正体はただの水なのです。

上級国民たち、イルミナティたちはそれを知った上で「原発が存在しない」という重大な秘密を隠すために、あたかも原発が危険、放射能が危険であるようにメディアで騒ぎ立てているのです。

数年前に行われた東電の記者会見では、園田政務官が今回のニュースでも問題となっている「トリチウム水」を飲み干すシーンが報道されています。

○原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(2)

また、そのトリチウム水はプラスチックのボトルに保管され、ゴム手袋で取り扱われている様子も明らかになっています。

「原発の処理水」を海に放出したところで、生態系にも人間にも何の問題もありません。

政府やメディアは、危険でもない原発を危険だと言って、庶民を洗脳したいだけなのです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment