RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価信者の山本太郎が、福島第一原発の処理水放出に抗議

政治団体れいわ新撰組代表の山本太郎が、福島第一原発の処理水の海洋放出に抗議する声明を発表しました。

これまで山本太郎は脱原発を訴え、デモ参加や講演を行なってきました。

山本太郎は派手なパフォーマンスで庶民の味方であることを強調し活動してきましたが、実際のところは、創価学会の方針に従っているだけに過ぎません。

山本太郎は池田大作を「本物の平和主義者」だと絶賛する創価信者です。

また山本太郎は、昨年の東京都知事選に出馬しましたが、演説に集まっていた聴衆が全て創価信者だったことが明らかになっています。

https://twitter.com/9n7ewqtutsamatw/status/1279541044770553857?s=21

山本太郎は、2011年から脱原発を訴えていますが、池田大作も2012年に脱原発を提言しています。

もっとも、池田大作は2012年に死亡したと言われていますので、提言そのものはゴーストライターが書いたものでしょう。

○「SGIの日」に脱原発を提言した「池田大作」創価学会名誉会長に疑問符

しかも、原発は存在しませんので、原発が危険であると言って原発の恐怖を煽りながら、反原発利権でボロ儲けしようと企んでいるに過ぎません。

○【福島第一原発に行ってみた!!】やはり原発も放射能も存在しなかった!!

また、山本太郎は消費税の廃止も訴えていますが、これも池田大作が生きていた当時の公明党の方針と全く同じものです。

山本太郎の主張は、一見すると一見庶民の意見を汲んだものに見えますが、実際のところは、単に創価学会の意見を汲んでいるに過ぎません。

消費税の廃止や脱原発と聞くと耳障りはいいですが、そのウラに創価学会のボロ儲けの種が隠されているのです。

しかも、上のツイートにもあります通り、山本太郎は朝堂院大覚の隠し子ですので、ただのヤクザです。

表向きの善人面に決して惑わされてはいけません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment