RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【福岡市】コロナウイルス感染を巡って宿泊施設でトラブル

「コロナウイルスが本当に存在する」と信じ込んでいる人たちが未だに大勢いるようです。

そのため、生活の中でさまざまな歪みが生じ、至る所でトラブルが起こっています。

福岡市の専門学校の学生が、同じ寮生の感染が発覚し、寮の一部が閉鎖されたため、学校の近くのホテルに宿泊して勉強を続けたところ、ホテル側から「あなたたちの感染が判明すれば清掃代10万円を求める」「他の客にキャンセルが出たら損失分も請求する」などと言われ、ホテルを利用しないように脅されたそうです。

学生たちは、ホテルの対応の酷さにショックを受け、延泊を断念し、友人宅などに身を寄せて勉強を続け、中には泣いて学校に相談した学生もいたといいます。

ホテル側によると、この専門学校では昨年もコロナの感染者が出て寮が閉鎖され、さらにホテルを利用した別の寮生1人が宿泊中に感染が判明したため、以上のような対応をするしかなかったそうです。

そもそもコロナ自体、存在しないので、本当は誰も感染しておらず、感染情報も創価学会によってでっち上げられたものであることは疑いようもありません。

にもかかわらず、多く人々がこのような嘘の情報に踊らされ、多くのものを失っているわけです。

毎日のようにテレビや新聞を通して報道される嘘の情報を鵜呑みにしてしまうと、人々の心は荒み、気が狂ってしまいます。

私たちは常に正しい情報だけをインプットし、この世に蔓延する嘘から自分の身を守らなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)