RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【本末転倒】ワクチン接種後の痛みに耐えかねて「鎮痛剤」を購入する人が続出 薬局では一部品薄に

, …

国内におけるコロナワクチン接種の人数の増加に伴い、接種後の痛みを和らげるため、薬局で鎮痛剤を購入する客が増えていることが明らかになりました。

北海道札幌市在住の50代の男性は、モデルナ社製ワクチンの接種(2回目)をした際、医師から「接種後、発熱や頭痛に襲われることもある」と言われたため、夜寝る前に鎮痛剤を飲んだそうです。

しかし、鎮痛剤の効果が切れた途端にひどい頭痛と発熱、顔の火照り、節々の痛みなどの副反応を発症し、さらにその翌朝と昼にも鎮痛剤を服用し、ようやくおさまったそうです。

また、接種から2日間は倦怠感が残り、とにかくだるかったと証言しています。

このような接種後の激しい痛みや熱に悩まされる人の増加によって、薬局では一部の鎮痛剤が品薄となっています。

中でも、体への負担を軽減させた「アセトアミノフェン」を主成分とした、ライオンの「バファリンルナJ」やジョンソン・エンド・ジョンソンの「タイレノールA」が人気とのことです。

ドラッグストアの店員は、「今年の春ごろから品薄になっていて、この1、2カ月はほとんど店頭にない状態ですね。入荷しても、大量に買っていくお客様が多くて、すぐになくなってしまう」と語っているそうです。

ワクチンは感染症を予防するものですが、かえって耐え難い痛みや熱などの健康被害を被る上、死亡する場合もあるのですから、まさに本末転倒と言うしかありません。

しかし、この東洋経済オンラインの記事では、副反応の被害を取り上げていながら、「ワクチンの副反応の情報にあまり踊らされてはいけない」などと矛盾した主張をしており、未だにワクチン接種を勧め、庶民を洗脳しようとしています。

一度、接種してから体に障害を負って後悔しても手遅れですので、できるだけ多くの人たちとワクチンの危険性について情報共有し、互いの健康と生命を守っていかなければなりません。

○ファイザー製コロナワクチンの副反応で倒れた49歳女性 2度のICU治療と入院で費用は100万円超(保険適用後でも自己負担40万円)

○カナダやアメリカの看護師らが暴露「病院はコロナ感染者ではなく、ワクチンの副反応に苦しむ人たちで溢れている」

○【VAERSの報告書より】ファイザー製コロナワクチンを接種した母親から母乳を飲んだ乳児が、高熱を伴う動脈の炎症・血栓により死亡

○「コロナで死亡した人は一人もいない」ハワイの医療従事者が、病院内でのコロナ患者捏造・コロナ死偽装の実態を内部告発!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment